写真家・山谷佑介によるパーティーが開催決定 | RIKI HIDAKA、MOODMAN、行松陽介も出演

写真とライブパフォーマンスが融合したセルフポートレート作品『Doors』で今秋EUツアーを敢行予定の写真家・山谷佑介。彼の代表的なアブストラクト作品『ground』の生誕地である、WWWβにてEUツアー前の日本最終上演が急遽決定した。

山谷佑介によるドラムセットを使用したパフォーマンスによるセルフポートレート作品『Doors』をYouTube Liveで配信

写真家の山谷佑介によるドラムセットを使ったパフォーマンスによるセルフポートレート作品 『Doors』が、代官山 フォトフェアの会場内で再演される。『Doors』は過去作により自らの“撮る”という行為を強く意識した山谷による、自らを被写体とした最初のセルフポートレート作品。

山谷佑介による個展『Doors』がユカ・ツルノ・ギャラリーで開催

『Tsugi no yoru e』や『ground』など、様々な角度から写真にアプローチした作品を発表してきた写真家の山谷佑介による個展『Doors』が、東京・品川のユカ・ツルノ・ギャラリーで開催される。

山谷佑介が京都で初のセルフポートレート作品展を開催 | ドラムを叩くとシャッターが押される装置を考案

写真家の山谷佑介が、京都国際写真祭2018開催にあわせ、京都で新作展『The doors』を開催する。 山谷はこれまでに、『Tsugi no yoru e』や『ground』といった作品を発表しながら、様々な手法を用いて現代社会と個人の狭間を写し取ってきた。東京郊外の深夜の住宅街を赤外線カメラ...

気鋭の写真家・山谷佑介が夜の住宅街を撮影した写真集『Into the Light』を刊行 | BOOKMARCで展覧会も

スナップ写真からコンセプチュアルな写真作品まで表現の垣根を軽やかに横断し制作を続ける写真家・山谷佑介の、新境地といえる写真集『Into the Light』が7月に刊行、あわせて東京・原宿のBOOKMARCでも出版を記念した写真展を開催する。
もっと見る