山谷佑介による個展『Doors』がユカ・ツルノ・ギャラリーで開催

『Tsugi no yoru e』や『ground』など、様々な角度から写真にアプローチした作品を発表してきた写真家の山谷佑介による個展『Doors』が、東京・品川のユカ・ツルノ・ギャラリーで開催される。

今回の個展は山谷初のセルフポートレートとして、今年の4月 に京都で発表されたパフォーマンス作品『The doors』から展開したもの。

前作『Into the Light』で山谷は、東京郊外の深夜の住宅街を赤外線カメラで撮影し、日常の不可視な側面へと歩みることを試みた。同時に暗闇にたたずむ住宅の前でフラッシュを放つ撮影は、精神的かつ肉体的に、「見る」ことと「見られる」こと、そして自らの「撮る」という行為を山谷に強く意識させることになったという。

そのような体験から作られた初のポートレイト作品が『The doors』だ。会場では、暗闇のなか、自身が10代の頃から続けているドラムを使ったパフォーマンスが行われ、パフォーマンスの間に撮影・印刷された写真が空間を埋め尽くした。

パフォーマンスのために山谷は特殊なカメラ装置を考案、ドラムを叩くことによってドラムセットにつけられた振動センサーが反応してシャッターが切られ、写真が印刷される仕組みとなっていた。

不規則に切られるシャッターと暗闇に放たれるフラッシュは、山谷のパフォーマンスを残像として観客にやきつけ、出力された写真はそれとは違う山谷のイメージを生み出すなど、パフォーマンスから写真の生産にいたるまでの一連の流れは人間の意識や物事をみる眼差しなどの複雑さを浮かび上がらせた。

Doors_main1
「SD_0415」 gelatin silver print, 2018

Doors_main2

Doors_main3
『The doors』ギャラリー山谷、2018

今回の展覧会では、新たなパフォーマンスとともに、『The doors』で撮影された映像や出力されたセルフポートレート、そして山谷のパフォーマンスの痕跡ともいえるドラムヘッドの傷から作られたフォトグラムが並ぶ。

Info

山谷佑介「Doors」
会期:2018年6月9日 - 7月14日
* パフォーマンス:6 月 9 日(土)19:00 ‒ & 7 月 7 日(土)15:00 ‒ 開廊時間: 火 - 木、土 11:00 - 18:00、金 11:00 - 20:00
休廊日: 月、日、祝

協力:TG 電子工房 映像素材:石田悠介 パフォーマンスエンジニア:山森文生

ユカ・ツルノ・ギャラリー 03-5781-2525 / info@yukatsuruno.com

 

related

ヴァレリー・フィリップスがコロナ禍の中でオンラインのフォトセッションで撮影した写真集を刊行 | BOOKMARCでの展示も

ロンドンを拠点にするアメリカの写真家ヴァレリー・フィリップスが、作品集『I had a dream you married a boy』が刊行された。

山谷佑介による新作展示『TOKYO BY CAR』がflotsam booksで開催 | 意図しないものを映し出す試み

独創的なアイディアの作品を発表し続けている写真家の山谷佑介が、新作展示『TOKYO BY CAR』を東京・杉並のflotsam booksで開催する。

「バグった」写真をテーマにした志賀俊祐の個展がGallery COMMONで開催

ファッションや広告を中心に活動するフォトグラファー志賀俊祐の個展『bugs」が、東京・原宿のGallery COMMONで2/28(金)から3/1(日)まで開催される。 志賀が2018年より製作を開始したこのシリーズは、デジタルカメラで撮影した日常の風景写真をPCにてプレビューし、PC自体に負...

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。