山谷佑介がヨーロッパツアーの帰国報告展覧会『I came back home』を開催

9月にヨーロッパツアー「Doors」を敢行した写真家の山谷佑介が、帰国報告展覧会『I came back home』を12/7(金)より、杉並の和泉で開催する。作品のコンセプトに合った空間での展示を目的とした自主企画・ギャラリー山谷での展示は1年半ぶり。

2019年9月、必要な機材をバンに詰め込み、ヨーロッパ6カ国を巡るパフォーマンスツアーを敢行した山谷。走行距離4,980km、全8回のパフォーマンスで撮影された写真は3,563枚にのぼった。今回の帰国報告展覧会では、現在の山谷のホームタウンである杉並区和泉での開催になり、その全ての写真がプリンターから出力され、会場内に積み上げられている。また、来場者はそのプリントを自由に自宅へと持ち帰ることが可能だ。

今回の旅を振り返り山谷は「俺はずっと剥ぎ取ろうとしてきた。でも、取ろうとしないで、こちら側を剥ぎ取った。そしたらそこには優しい世界がありました。」と述べている。SNSなどを通して日々多くの写真や情報を目にし、常に何者かからの視線の中を生きる相互監視的な社会の中で、自らの身を持って、アナログな方法で写真という行為に飛び込んだ写真家の軌跡を、是非ご覧になってみてはいかがだろうか。

Info

『I came back home』

会期 :2019年12月7日(土)-12月15日(日)

時間 :月・火・水・木・金・日, 13:00-18:00

土, 13:00-20:00

会場 :ギャラリー山谷

住所 :東京都杉並区和泉1-10-7 (京王線代田橋駅・沖縄タウン奥)

詳細:http://www.yusukeyamatani.com

related

ヴァレリー・フィリップスがコロナ禍の中でオンラインのフォトセッションで撮影した写真集を刊行 | BOOKMARCでの展示も

ロンドンを拠点にするアメリカの写真家ヴァレリー・フィリップスが、作品集『I had a dream you married a boy』が刊行された。

山谷佑介による新作展示『TOKYO BY CAR』がflotsam booksで開催 | 意図しないものを映し出す試み

独創的なアイディアの作品を発表し続けている写真家の山谷佑介が、新作展示『TOKYO BY CAR』を東京・杉並のflotsam booksで開催する。

「バグった」写真をテーマにした志賀俊祐の個展がGallery COMMONで開催

ファッションや広告を中心に活動するフォトグラファー志賀俊祐の個展『bugs」が、東京・原宿のGallery COMMONで2/28(金)から3/1(日)まで開催される。 志賀が2018年より製作を開始したこのシリーズは、デジタルカメラで撮影した日常の風景写真をPCにてプレビューし、PC自体に負...

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。