MUDが2ndソロアルバム『MAKE U DIRTY 2』を今月末にリリース

今月終演を迎えるKANDYTOWNのメンバーのMUDが、自身のソロとしては2枚目となるアルバム『MAKE U DIRTY 2』を3/31(金)にリリースする。

先行シングル3曲を含む全11曲を収録。アルバムのコンセプトから楽曲、起用するビートメイカーに至るまで全てをセルフプロデュースした作品となる。

ゲストでは仙台のレゲエMC・ビートメイカーのMION、KANDYTOWNからGottzとDIANが参加。トラックのプロデュースは同クルーのNeetz、藤沢を拠点とするレーベルDLiP Records所属のビートメイカー NAGMATIC、カリフォルニア在住のBear On The Beat、MIONのビートメイカー名義であるYoungBeat’s Instrumental、KANDYTOWNメンバーの諸作に楽曲提供を行うpj47が貢献した。

本日、先行シングル”Resetter"のミュージックビデオが公開。スノーボードをテーマに、今シーズンのライディングや雪山で撮影された内容になっている。

Info

・アーティスト:MUD

・タイトル:「MAKE U DIRTY 2」

・発売日:2023年3月31日(金)

・収録楽曲

1. Where My Money At / Prod. Neetz 

2. Get up / Prod. NAGMATIC

3. The Pain / Prod. Bear On The Beat

4. Cheaters (ft. Gottz) / Prod. J-ViewCycle

5. Skit - Black Friday / Prod. GREEN CRACK 

6. MAKE U DIRTY 2 / Prod. Neetz 

7. Tameiki Summer (ft. Dian) / Prod. YoungBeat’s Instrumental 

8. Concrete Jungle (ft. Mion) / Prod. YoungBeat’s Instrumental

9. Yellow Monkey / Prod. NAGMATIC

10. Resetter / Prod. pj47 

11. Far East / Prod. Neetz

related

MUDがスノーボードをテーマにしたニューシングル"Resetter"をリリース

KANDYTOWNのメンバーでもあるラッパーのMUDが、スノーボードをテーマにした新曲"Resetter"を本日11/16(水)にリリースした。

MUDが約1年ぶりとなるソロ名義での新曲"Concrete Jungle feat. MION"をリリース

KANDYTOWNのメンバーであるMUDが、約1年振りとなるソロ名義での新曲"Concrete Jungle"を本日9/9(金)にリリースした。

AOTLによるコンピレーション『X-FACTOR』と『X-FACTOR 2 “Deluxe”』が限定アナログ化 | IOやKEIJU、Yo-Sea、Gottz、MUD、3Houseなどが参加

Yo-Sea、3House、HIYADAM、GOODMOODGOKUらを擁するエージェント/レーベル、AOTLが2018年にリリースしたコンピレーション『X-FACTOR』と2022年にリリースされた続編『X-FACTOR 2 “Deluxe”』がアナログでリリースされることになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。