LEXのアルバム『King Of Everything』のリリースと共に赤裸々なドキュメンタリーが公開

LEXが本日1/25(水)にニューアルバム『King Of Everything』をリリースした。

国内外のアーティストを迎え、LEXらしいレパートリーに富んだ17曲を収録したアルバムリリースと共にAmazon MusicとGQ JAPANとのコラボレーションドキュメンタリー「RPZN Stories」が公開。

ドキュメンタリーの中で、LEXは自身のキャリアにおける葛藤やメンタルヘルスにまつわるパーソナルなエピソードを赤裸々に語っており、家族や仲間からの証言を交えて、普段のSNSやライブでは観られないLEXの意外な一面を曝け出している。

Info

LEX - King Of Everything
https://lexzx.lnk.to/KingOfEverything

Tracklist:
1. GOD (produced by 1bula)
2. King Of Everything (produced by VLOT, MrOffbeat, kaaj & evanmoitoso)
3. Killer Queen (produced by Trippop)
4. Busy, Busy, Busy (feat. Only U) (produced by june)
5. 金パンパンのジーンズ (feat. Young Coco & JP THE WAVY)
6. READYMADE (feat. Leon Fanourakis) (produced by k4stet)
7. 1/3 (feat. Kid Trunks)
8. Hertz (feat. Matt Ox)
9. Move (feat. ShowyVICTOR) (produced by DJ JAM)
10. LOVE PISTOL (feat. Young Dalu) (produced by FOUX)
11. Strength blindness (feat. Only U) (produced by Dee B)
12. Come To My World (feat. BEXEY)
13. This is me
14. 大金持ちのあなたと貧乏な私 (produced by In Bloom)
15. If You Forget Me (produced by eeryskies & Arcane)
16. Need It (produced by Kevin Jacoutot)
17. 庭の花 (produced by prodkult)

Artwork by Anton Reva, Photography by Uran Sakaguchi, Motion Cover by FROMKIERAN
Mix & mastering by KM, except #2 “King Of Everything” by VLOT. Contributors: KM, VLOT, DJ JAM & STEELO

related

LEXが5枚目のアルバム『King Of Everything』を今週リリース | 客演にはJP THE WAVY、Young Coco、Young Dalu、Leon Fanourakis、Only U、BEXEY、Matt Oxなどが参加

湘南出身のアーティストLEXが、5枚目のアルバム『King Of Everything』を今週1/25(水)にリリースする。

LEXがロンドンのアーティストBEXEYとのコラボ曲"Come To My World"をリリース

今年は『With U Tour』を行い、『20 (Complete Mixtape)』や”大金持ちのあなたと貧乏な私”をリリースしたLEXが、新曲”Come To My World”を本日11/30(水)にリリースした。

LEXが『With U Tour』ファイナル直前に新曲”With U”をリリース

現在、全国ツアー『With U Tour』を敢行中のLEXが、KT Zepp Yokohamaでのツアーファイナルを2日後に控え、ニューシングル”With U”をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。