シンガーソングライターのUmeがアコースティックアルバム『Cycles』をリリース

2019年にデビューし京都を拠点に活動を行ってきたシンガーソングライターのUmeが、アコースティックアルバム『Cycles』を本日9/9(金)にリリースした。

1stアルバムと同時進行で制作を進めていた本作には、これまで発表してきた楽曲のアコースティックバージョンが収録。Tomoki Ishiiのギターに乗せて歌い上げている。

日本を離れることが決まったUmeの思いがこもった内容となっている。

Words By Ume

Cycles。廻る。調和と進化。全てがつながっている。始まりは終わるであり、終わりは始まりである。

日本での人生の第一章がもうすぐ終わる。この作品は日本へ、そして自分へのラブレター。作ってきた曲たち、改めてアコースティックでゆったり歌い直した。再度自分を見つめながら。

日本人の血が入ってないのに、日本で京都で生まれ育ってきたのは、何かしら意味があると思っていて。もしかして前世、日本でやり残したことがあって、そのために今世ここに生まれたんじゃないかって思いがあった。

このタイミングで日本を出るということは、多分、自分も気づいてない間にそのタスクをクリアしたのじゃないのかとも思う。

今まで経験し、フィールし、自分の中で気づいてきた「愛」の形、それは今の自分の全てである。Roots。ずっと探し続けてきた私のRoots。それは場所でもなく、人でもなく、物でもなかった。

Info

09.09 Ume Acoustic Album 「Cycles」Digital Release

https://linkco.re/Vrf1E4fA

related

シンガーソングライターのUmeが自身初のEP『Feelings』をリリース

シンガーソングライターのUmeが自身初となるEP『Feelings』を9/1(水)にリリースする。

正体不明のシンガーソングライターUmeがDaichi Yamamotoをフィーチャーした新曲"Soul"をリリース

WONK、kiki vivi lilyを擁するレーベルEPISTROPHからリリースを行なっている正体不明のシンガーソングライターUmeが、ゲストにDaichi Yamamotoを迎えたニューシングル"Soul"をリリースした。

EPISTROPHからデビューした正体不明のシンガーソングライターUmeが柔らかいメロウさを纏ったニューシングル"Toxic"をリリース

WONKなどを擁するEPISTROPHから、昨年デビューした正体不明のシンガーソングライターUmeが、約一年ぶりとなるニューシングル"Toxic"を本日8/21(金)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。