EPISTROPHからデビューした正体不明のシンガーソングライターUmeが柔らかいメロウさを纏ったニューシングル"Toxic"をリリース

WONKなどを擁するEPISTROPHから、昨年デビューした正体不明のシンガーソングライターUmeが、約一年ぶりとなるニューシングル"Toxic"を本日8/21(金)にリリースした。

今作は恋愛の難しさと傷ついた心の儚さを歌った内容をUme自らが綴り、彼女の柔らかくも深みのある歌声と相まって叙情的な楽曲となっている。

アレンジを担当したWONKの荒田洸は「極力音数を減らしシンプルなサウンドに仕上げるよう意識しました。一つ一つの音、そして歌に集中しやすいよう無駄を削ぎ落としたサウンド構成によって個々のフレーズとそれ自体の音の鳴りにリスナーが没頭できるはずです。今回の楽曲制作にはmillennium paradeに鍵盤奏者として参加している宮川純を招き制作を進行していきました。彼のキーボードやベース、サンプリングされたサックスやドラムの音とUmeの歌の混ざり合いを是非聴いて欲しいです」とコメントしている。

アートワークは前作の"Feelings"のデザインも担当したアーティストのAaron Marin (neutokyo)が手掛けた。

Info

Ume

アーティスト名:Ume (ウメ)
作品名:Toxic (トクシック)

配信リンク

■Spotify

https://open.spotify.com/track/04xIM8DLPAHqRz9Na59ZB4?si=1riVVf6WTaGXiYjyZr5yJg

■iTunes Store

https://itunes.apple.com/jp/album/id1526168461?app=itunes

■Apple Music

https://music.apple.com/jp/album/id1526168461



related

EPISTROPHから正体不明のシンガーソングライターUmeがWONKをアレンジャーに迎えた楽曲“Feelings”を配信リリース

WONKやkiki vivi lilyが所属するレーベルepistrophから正体不明のシンガーソングライター、Umeがデビューシングル“Feelings”を配信リリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。