クィア・アイコンのAisho Nakajimaが自身の恋愛体験を綴った新曲"Toxic"をリリース

Aisho Nakajimaが、自身の恋愛体験を綴った新曲"Toxic"を、本日8/10(水)にリリースした。

この楽曲は、パートナーへの依存や悲しみ、怒りを歌詞に綴った楽曲。何度も遊ばれて、傷つけられて、嫌いになって別れたはずなのにまた戻ってしまうといった、過去に経験した恋愛体験から、パートナーへの依存や悲しみ、怒りなどの様々な感情が渦巻く歌詞へと綴られている。一方で曲調はアップテンポなものになっているのが、Aishoの個性が際立っている。

Info

Aisho Nakajima

Digital Single「Toxic」

2022.8.10 Release

各種配信ストアリンク

https://lnk.to/aishonakajima_toxic

related

クィア・アイコンのAisho Nakajimaが誕生日に新曲"DLB"をリリース

抜群の歌唱力と彫刻的な肉体美、類稀なる個性を兼ね備えたバイリンガルなクィア・アイコンのAisho Nakajimaが、自身の誕生日7/4(月)に新曲"DLB"をリリースしミュージックビデオを公開した。

Aisho Nakajimaが1stミニEP『Sleeptalk』をリリース

Aisho Nakajimaが1stミニEP『Sleeptalk』を本日リリースした。

Aisho Nakajimaが9月にリリースするミニEP『Sleeptalk』から"Love me for me"を先行発表

東京を拠点に活動するクィアアーティストのAisho Nakajimaが、9月にリリースするミニEP『Sleeptalk』から、"Love me for me"を先行で発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。