Aisho Nakajimaが1stミニEP『Sleeptalk』をリリース

Aisho Nakajimaが1stミニEP『Sleeptalk』を本日リリースした。

『Sleeptalk』は自分の想いを一曲一曲に落とし込み、寝言でしか言えない赤裸々な感情や、口が裂けても言えない経験を歌詞に綴った作品。 ベッドルームポップなビートに乗せて自己愛、セックス、愛への渇望を歌う「悲痛夢日記」をコンセプトに制作された。作詞、レコーディング、ミックスは彼自身が初めて担当している。

約1年ぶりにリリースとなった今回の作品は、前作と比べるとよりパーソナルな一面を表現しており、Aisho Nakajima の世界観を味わうことができる1stEPに仕上がっている。

Info

『Sleeptalk』

01 Love me for me

02 Midnight tipsy

03 Needed

related

クィア・アイコンのAisho Nakajimaが自身の恋愛体験を綴った新曲"Toxic"をリリース

Aisho Nakajimaが、自身の恋愛体験を綴った新曲"Toxic"を、本日8/10(水)にリリースした。

クィア・アイコンのAisho Nakajimaが誕生日に新曲"DLB"をリリース

抜群の歌唱力と彫刻的な肉体美、類稀なる個性を兼ね備えたバイリンガルなクィア・アイコンのAisho Nakajimaが、自身の誕生日7/4(月)に新曲"DLB"をリリースしミュージックビデオを公開した。

Aisho Nakajimaが9月にリリースするミニEP『Sleeptalk』から"Love me for me"を先行発表

東京を拠点に活動するクィアアーティストのAisho Nakajimaが、9月にリリースするミニEP『Sleeptalk』から、"Love me for me"を先行で発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。