WACKO MARIAが窪塚洋介主演の映画『凶気の桜』とコラボレーション

WACKO MARIAが、2002年に公開された映画『凶気の桜』とのコラボレーションアイテムを 1月 3日(土) より発売する。

原作はヒキタクニオ、監督に薗田賢次、主演に窪塚洋介を迎え、2002年に公開された映画『凶気の桜』とのコラボレーション。窪塚洋介が初めて企画段階から映画製作に参加し、その鮮烈なアウトロー像、ハードな魅力が全開となった過激な青春ドラマ。

今回は同作品のポスターやワンシーンを切り取りコラージュをした総柄のハワイアンシャツ、Tシャツ、スウェット、コーチジャケットを製作した。

Info

© 2002「凶気の桜」製作委員会

2022年1月 3日(土)12:00よりPARADISE TOKYO、WACKO MARIA ONLINE STOREにて発売

伊勢丹新宿店メンズ館、WACKO MARIA HANKYU MENʼS TOKYO、正規取り扱店の実店舗 については新年初売りの営業日に準じて発売開始

各、正規取り扱店のONLINE STOREに関しては、2022年 1月3日(月)12:00より発売開始

http://wackomaria.co.jp/

related

VAULT BY VANSとWACKO MARIAのコラボレーションでAuthenticが登場

VAULT BY VANSがWACKO MARIAとのコラボレーションでAuthenticを発表した。

WACKO MARIAから映画『悪魔のいけにえ』とのコラボアイテムが発売

WACKO MARIAから1974年に上映されたトビー・フーパー監督のホラー映画『THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE(悪魔のいけにえ)』とのコラボレーションアイテムが発売となる。

WACKO MARIAがタトゥーアーティストのTIM LEHIとコラボレーション

WACKO MARIAがタトゥーアーティストTIM LEHIとのコラボレーションをリリースする。 継続しコラボレーションをおこなっている、タトゥーアーティストTIM LEHIとのコラボレーション。今作を忠実に再現し背中、袖に刺繍をした、ベトナムジャケット、スカジャケット、総柄で今作を表現した...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。