sacaiがUltimate Breaks & Beatsで知られるレコードレーベルStreet Beat Recordsとのコラボコレクションを発売

北京・SKP-SのT-10 Galleryにて開催されるエキシビション『Style in Revolt』の一環として、sacaiが、サンプル・ブレイク・ビート・トラックの「Ultimate Breaks & Beats」シリーズ を手がけた伝説のレコードレーベルStreet Beat Recordsとのコラボレーションカプセルレクションを全世界のDover Street Marketで発売する。 日本では Dover Street Market GINZAとDSMG E-shopにて、12月8日(水)から取り扱いとなる。

『Style in Revolt』では、過去40年間に渡り定着したストリートカルチャーとそのスタイルのルーツと進化を展示している。パンクの次に派生したユースカルチャーとしてのヒップホップの誕生はその後、当時まだサブカルチャーであったスケートボードと融合した。この大衆的なムーブメントは、ニューヨーク、ロンド ン、ロサンゼルス、そして東京にルーツを持ち、「サンプリング」という文脈で生み出したアート、新しいジャンルの音楽などを独創的なスタイルで表現し、ニッチではあるものの強力なアンダーグラウンドムーブメントを巻き起こし、新たなユースカルチャーとして世界 中の隅々にまで広がって行った。

1986年から1991年にかけてStreetbeat recordsが、24枚のコンピレーション・シングル・アルバムを発売した。UBB シリーズとその象徴的なオクトパスのロゴは、80 年代後半から 90 年代中盤までのヒップホップサウンドの象徴である。この画期的なコンピレーションに収録されているネタを駆使し、今ではレジェンドとなった当時のDJ、プロデューサー達は時代を代表する名曲を作り出した。

この重要なコンピレーションは、DJ Premier(GangStarr)、Large Professor、The Bomb Squad(Public Enemy)、Pete Rock、Dr. Dre、Swizz Beatz、QuestLove、Marley Marl、DJ Quik Kanye West、J Dilla、Salaam Remi、No I.D.、DJ BattleCat、Kenny "Dope" Gonzalez、 Just Blaze など、数え切れないほど多くのヒップホップのエリート・プロデューサーにサンプリングされている。

過去40年間のすべてのサンプリング・ミュージックのソースとなり、そのフォームを形成し、 ヒップホップ・ミュージックのサウンドの形成に計り知れない影響を与えてきた彼らの音楽的功績に敬意を表した当コレクション。MA-1 ジャケットとフーディーにはオリジナルのUSBに入った未発表の音源であるUltimate Breaks & BeatsのVo. 26が特典として付属。

Info

展開店舗

Dover Street Market Ginza / 03-6228-5080

東京都中央区銀座 6-9-5 ギンザコマツ西館 4F
DSMG E-shop

sacai website:www.sacai.jp
sacai online store:https://store.sacai.jp/

related

UNIONがBAPE®とコラボレーション

UNIONが30周年を記念したコラボレーションの一環で、BAPE®とのコラボレーションを発表した。 UNION 現オーナーであるChris Gibbsがバイヤーを務めていたNY時代より、ディールを行っていた東京・原宿を代表するファッションブランドA BATHING APE®とのカプセ...

BAPE®️と空山基のコラボ第2弾が登場

2021年7月の第1弾のコレクションに続き、BAPE®️ × HAJIME SORAYAMAの第2弾が発売となる。 今回のコレクションでは、ウェアやアクセサリーが豊富にラインアップ。ニットキャップなどのファッショングッズから、空山基のメタリックアートのロボットからインスパイアされた新しいデザ...

HUFのオリジナルキャラクターGreen Buddyがパープルカラーで登場

HUFのオリジナルキャラクターGreen Buddyがパープルカラーで登場。 コレクター心をくすぐるチェア付きトイをはじめ、Tシャツ、フーディー、ソックスなどにHUFと所縁のあるPLANTLIFEのデザインが随所に施されたユニークなデザイン。厚みのあるジャガードセーターは日本限定の2...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。