Itaqが2ndアルバム『Savior of Aquarius』から"INITIAL I"のMVを公開

Itaqが5月にリリースした2ndアルバム『Savior of Aquarius』からアルバムの1曲目を飾る"INITIAL I"のMVを公開した。

https://youtu.be/nT4-Dvt3O_U

"INITIAL I"は、愛染 eyezen等に楽曲提供を行う若手ビートメイカーの中心人物KUROMAKUが楽曲プロデュースを担当した楽曲で、ゾンビ・パンデミック下の東京を初心運転者Itaqの中古車が駆け抜けるというストーリーのもと、Itaqの武器である濃密な日本語のリリックと高速フロウが満遍なく敷き詰められたItaqらしい楽曲。

本日公開されたミュージックビデオは、人気イベント『TOKIO SHAMAN』のVJなども務める映像作家の球根栽培が監督。Itaqの地元である那須の巨大廃墟などを舞台に、壮大さと不気味さの混ざり合う新感覚の映像作品となっている。また、Itaqに突如拉致されるゾンビ役として実弟のDirty Kiyomiyaが出演している。

Info

▼MV: Itaq "INITIAL I"▼

https://youtu.be/nT4-Dvt3O_U

Track Produced by KUROMAKU

Mixed by Itaq

Mastered by 塩田浩

MV Directed by 球根栽培

▼New Album: Itaq「Savior of Aquarius」▼

ARTIST : Itaq (イタク)

TITLE : Savior of Aquarius (セイビア・オブ・アクエリアス)

LABEL : 委託 Label

RELEASE DATE : 2021年05月14日(金)

FORMAT : DIGITAL(DL/ST)

URLs : https://ultravybe.lnk.to/saviorofaquarius

収録曲

01. INITIAL I [Track by KUROMAKU]

02. UNBUILT [Track by yumeo]

03. casuistica [Track by 田嶋周造]

04. NAGASAKI REVENGE [Track by UNOME]

05. Kagayaku Machi [Track by Lil Soft Tennis]

06. So Stupid [Track by Nammu]

07. Eudaemonics feat. 河口純之助 [Track by Itaq]

08. driving school [Track by ウ山あまね]

09. Cold Fish [Track by Negatin]

10. Hyper KAMIOKANDE [Track by Itaq]

11. NIWANOUSAGI [Track by SKInnY BILL]

12. Finale [Track by TRASH 新 アイヨシ]

related

ItaqがビートメイカーKazui Daturaとの共作EP『Kid』から"Grind"のMVを公開

今年5月に2ndアルバム『Savior of Aquarius』、10月に『Why am I here? [Remixes EP]』を発表してきたラッパーItaqが、uyuniとの制作などでも知られ、10月には2曲入りSingle "To Sky”を発表したビートメイカーKazui Daturaとの共作EP『Kid』から、収録曲"Grind"のMVを公開した。

Itaqが粗悪ビーツとタッグを組んだ新曲“Entrust”をリリース|MVも公開

今年5月に2ndアルバム『Savior of Aquarius』を発表、先日は新曲"Why am I here?"とそのリミックスをまとめた『Why am I here? [Remixes EP]』をリリースしたItaq。そんな彼が粗悪ビーツと、1stアルバム『委託』以来約2年半ぶりとなるタッグでの新曲"Entrust"をリリースした。

Itaqが架空のバカンスに想いを馳せた新曲"Hotel"をリリース

Itaqが新曲"Hotel"をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。