Diaspora skateboardsが2021 AWのLOOKを公開

Diaspora skateboardsが2021 AWコレクションのLOOKを公開した。

今季はオリジナルアイテムのラインナップを大幅に増やし、高い防寒性を誇るパフジャケットや、ハーフムーンポケットが特徴のワーデンジャケット、オーガニックメリノウールを使用したニットポロなど、オーセンティックながらもスケーターらしいひねりの効いたディテールワークが特徴のコレクションとなっている。

Diaspora skateboardsのルーツとも言えるグラフィックアイテムの中でも、毎回注目を集めるアーティストシリーズには、多くの音楽家のアートワークを手がけるHiraparr Wilsonや、グラフィックデザイナーTATAの書き下ろしたグラフィックを採用。また、毎シーズン人気のロングビルキャップやクラッシャーハットをはじめとするアクセサリー類も充実し、過去最多のアイテムバリエーションとなっている。

なおLOOKは、Daichi Yamamotoをはじめ数多くのMVも手がける写真家/映像作家の堀裕輝が撮影した。

Info

21AWシーズンのアイテムは、8/28(土)より、取り扱い各店オンラインストアにて順次発売中

Staff Credit

Photographer: Yuki Hori

Stylist: Shunsaku

Hair: Yusuke Murakami

Model: Mac / Hikaru Abe / Raku Chishima / Sofuto Otsuka

お問い合わせ先

Diaspora skateboards

https://diasporaskateboards.com/

https://www.instagram.com/diaspora_skateboards/

related

Goldwinが2021 AWコレクションのLOOKを公開

Goldwinが2021 AWコレクションのLOOKを公開した。 本コレクションは、「着たまま行動し続ける快適性」を実現する防水通気素材「PERTEX® SHIELDAIR」や、 耐久性としなやかさを持ち、着心地が軽やかで体の動きになじむ「GORE-TEX products」の 3層...

Tokyo Young VisionがUNDEFEATED JPN LineのLOOKに登場

昨シーズンよりスタートした UNDEFEATED JAPAN 監修によるオリジナルプロダクUNDEFEATED JPN Lineより、2021年の新作が登場。

WACKO MARIA 2021FW COLLECTIONのLOOKBOOKが公開

WACKO MARIAが2021FW COLLECTIONのLOOKBOOKを公開した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。