【フォトレポート】Campanella 『"AMULUE" Release Live』

当初は5月に開催予定だったものの開催延期となっていたCampanellaの『"AMULUE" Release Live』が7/30(金)に渋谷・WWW Xで開催された。

オープニングにはRamzaと、当初出演予定だったFree Babyloniaに代わりC.O.S.A. + NEI + homarelankaという地元・愛知の盟友たちが本日の主役を前に、存在感を見せつけるパフォーマンスを披露した。(RamzaのDJ中には火災報知器が誤作動するハプニングもあったが、会場の熱気はより高まっていった)。

そしてCampanellaは、新作『AMULUE』の楽曲を中心にERA、JJJ、KID FRESINO、鎮座DOPENESS、中納良恵という豪華なゲストと共に渾身のライブで、待ちに待った観客たちの期待に応えた。FNMNLでは貴重なリハーサルの模様からDaiki Miuraによるフォトレポートで振り返る。

Ramza

C.O.S.A. + NEI + homarelanka

Campanella

KID FRESINO
ERA
鎮座DOPENESS
JJJ
中納良恵
shobbieconz

Info

「Campanella "AMULUE" Release Live」振替公演

日程:2021年7月30日(金)

会場:WWW X

[LIVE] : Campanella
[GUEST] : ERA / JJJ / KID FRESINO / 鎮座DOPENESS / 中納良恵
[GUEST LIVE] : C.O.S.A. + NEI + homarelanka / Ramza

Set List

1.AMULUE 
2.Bell Bottom
3.Douglas fir remix feat. KID FRESINO
4.Puedo feat. KID FRESINO
5.Next Phase
6.Hana Dyson
7.Ⅲ MY SLF feat. homarelanka
8.月光 feat. NEI
9.Freeze
10.Minstrel feat. ERA
11.Sticky Step feat. 鎮座DOPENESS & Campanella
12.SUMIYOI feat. 鎮座DOPENESS, JJJ
13.Filter feat. JJJ
14.YUME no NAKA
15.Think Free feat. 中納良恵 
16.Palo santo  
17.PEARE
18.ウワッツラ

related

CampanellaがKID FRESINOをフィーチャーした新曲"Puedo"をリリース | プロデュースはRamza

名古屋を代表するラッパーCampanellaが、新曲"Puedo"を本日7/21(水)にリリースした。

Campanellaの『AMULUE』リリースライブの振替公演が開催 | C.O.S.A. + NEI + homarelankaが新たに出演

緊急事態宣言の発令により開催延期となっていたCampanellaの『"AMULUE" Release Live』の、振替公演が7/30(金)にWWW Xで開催される。

KMが2ndアルバム『EVERYTHING INSIDE』をリリース| Daichi Yamamoto、(sic)boy、LEX、JJJ & Campanella、SPARTAなどが参加した上半期の重要作

上半期だけでも多くのヒット曲を輩出し、自身のスタイルを追求するプロデューサーのKMが、2ndアルバム『EVERYTHING INSIDE』を本日6/9(水)にリリースした。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。