VIDEOTAPEMUSICが7インチ『嬉野チャチャチャ (feat mei ehara)』をリリース

6月にシングル"Funny Meal"をリリースしたばかりのVIDEOTAPEMUSICが、新曲"嬉野チャチャチャ(feat. mei ehara)"、"ロマンス温泉"を7インチでリリースする。

ここ数年滞在した地域でのフィールドワークを通した音楽、映像制作に精力的だったVIDEOTAPEMUSIC。この2曲も、佐賀県嬉野市の老舗「旅館大村屋」と、コーヒースタンド&ギャラリーであり、制作環境も兼ね備えた「おひるね諸島」による滞在制作を支援するプロジェクト「URESHINO ✕ CROSSING」によって生み出された2曲。VIDEOTAPEMUSICが嬉野市に今年の4月に滞在し、嬉野の歴史、特色、背景を調べ、その土地ならではの音を取り込み制作した。

"嬉野チャチャチャ (feat.mei ehara)"は、今後100年は歌い踊り継がれるだろう、夏祭り〜秋祭りなど年がら年中必須な楽曲。実際に本人が嬉野で録音してきた佐賀県の民謡や地域芸能で使われる楽器の音をふんだんに使いながら、ボーカルにmei eharaを迎え、デュエットしたご機嫌な1曲。振り付けは地元嬉野のダンス講師であるEmiが担当し、ジャケット内には踊り方がイラストで展開している。

嬉野の町や温泉、茶畑などで録音した音を使ったスロウ&メロウな"ロマンス温泉"。温泉のムードとアンビエントやバレアリックな感覚が融合した1曲。ジャケットはおひるね諸島の大門光がデザイン、イラストを担当した。

そして嬉野での滞在制作の模様を撮影した映像も本日公開されている。

また7/31(土)に嬉野市「シーボルトの足湯」広場にてこちらの発売を記念したイベントが決定している。さらに同日よりVIDEOTAPEMUSICのポップアップストアも行われる。

Info

VIDEOTAPEMUSIC  「嬉野チャチャチャ (feat mei ehara)」

A-1「嬉野チャチャチャ (feat mei ehara)」

B-1「ロマンス温泉」

発売日:嬉野市先行販売 7月31日(土)より/一般発売は後日改めて告知します。

レーベル:カクバリズム

フォーマット:7インチレコード (DLコード付き)

価格:1500円

※嬉野市で販売するレコードには特典として7インチ収録の2曲に加え「ロマンス温泉(Long Stay Mix)」のDLコード付き

『”嬉野チャチャチャ”発売記念イベント&ナイトマーケットmini』

【日時】2021年7月31日(土)18時〜

【場所】シーボルトの足湯広場

※雨天時は旅館大村屋内

出演:VIDEOTAPEMUSIC(DJ)/ 他

参加費:無料 / 入場制限あり

ポップアップ INFO

「VIDEOTAPEMUSIC’S Souvenir Shop in Ureshino」

会期:7/31(土)〜9/12(日)

場所:おひるね諸島

時間:11:00-18:00/火・水・木曜休(たまに不定休)

・入場時に人数制限を行う可能性があります。

related

ロボ宙とVIDEOTAPEMUSICのコンビによるコラボ曲“サイエンス・フィクション”と“amazing world”が7インチでリリース

ロボ宙とVIDEOTAPEMUSICのコンビによるコラボ曲“サイエンス・フィクション”と“amazing world”が7インチシングルでリリースされる。

VIDEOTAPEMUSICが新曲“Funny Meal”を来週リリース|2年ぶりのワンマンライブも決定

VIDEOTAPEMUSICが、新曲“Funny Meal”を6月9日(水)にリリースする。

VIDEOTAPEMUSICがラジオの電波をエディットして作った"On The Air 2020(April 10)"を1年越しにリリース

昨年の緊急事態宣言下での在宅期間にVIDEOTAPEMUSICが深夜ラジオの電波をエディットして作った"On The Air 2020(April 10)"が、1年の時を経て明日4/10(土)にリリースされる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。