「ダンスミュージック」以外の踊れる音楽を紹介するディスクガイド『ポスト ハウス・ミュージック 世界の「踊れる」レコード600 』 が発売

いわゆる「ダンス・ミュージック」以外から、世界中で見つけた踊れる音楽を紹介するディスクガイド『ポスト ハウス・ミュージック 世界の「踊れる」レコード600 』 がDU BOOKSより7月9日に発売される。

世界のあらゆるダンス・ミュージックのレコードを紹介するブログ「Deep Dance Music Page」を2005年より更新し続けるレコードディガーであり、DJでもある著者Sanshiroが選ぶ、アフリカン、カリビアン、フュージョン、レゲエ、バレアリックなど12のテーマに沿った約500枚のレコードを掲載。

加えてOrganic Music/Physical Store、EAD RECORD、OUTRECORD、Rubbergard Record NOTHIN' BUT RECORDS、Revelation Time、ココナッツディスク江古田店、silencia music store、RECORD SHOP rare groove、ranamusica、Galapagos Records、 VDS(Vinyl Delivery Service)、Sunline Records、大塚広子、Mori Ra、Sobriety、Pixie from Kobe(Rare Groove Records)、Akie、Hankyovain、Mayurashkaという総勢20の有力レコード店、DJによる「マイ・ポストダンス・ミュージック」のレコメンド盤とコメントが5枚ずつ掲載され、計約600枚というボリューミーな内容に仕上がっている。

また名門レーベル/レコード店「Rush Hour」を率いるオーナーDJ Antal、イタリアのディスコ、ファンクユニットNU GENEAのインタビューも掲載。

さらに、ディスクユニオンでの購入特典として著者による「Cosmic Rock」をテーマにしたMIX CDが付属される。

Info

『ポスト ハウス・ミュージック世界の「踊れる」レコード600 』Sanshiro (Deep Dance Music Page) [著]

A5・並製・224頁
定価:本体2,500円+税
ISBN: 978-4-86647-151-8

https://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK306

related

BLM時代のフェミニズムを訴える書籍『フッド・フェミニズム ないことにされている、有色人種のフェミニズム』がDU BOOKSより発売

主流の白人フェミニストが提唱する「シスターフッド」に対し、ブラックフェミニズムの立場から「BLM時代のフェミニズム」を訴える書籍『フッド・フェミニズム ないことにされている、有色人種のフェミニズム』がDU BOOKSより7月16日に発売される。

ウェス・アンダーソンの映画っぽい場所の写真を投稿する人気インスタアカウントが書籍化|ウェス・アンダーソン本人が序文を執筆

世界の現実の風景から『グランド・ブダペスト・ホテル』や『犬ヶ島』で知られるウェス・ アンダーソン監督の映画に出てきそうな場所をセレクトし投稿するInstagramアカウント@AccidentallyWesAndersonが書籍化、DU BOOKSから発売される。

ZeebraやOZROSAURUS、 SOUL SCREAMらを擁した 国内初のヒップホップ専門メジャーレーベル「フューチャー・ショック」のオーナーによる自伝的小説がDU BOOKSより刊行

1997年に設立され、ZeebraやOZROSAURUS、SOUL SCREAMらを擁した国内初のヒップホップ専門メジャーレーベル「フューチャー・ショック」のオーナーによる自伝的小説『スカイ・イズ・ザ・リミット ラッパーでもDJでもダンサーでもない僕の生きたヒップホップ』が、10月30日にDU BOOKSより刊行される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。