FACETASMが2022 SSコレクションのLOOKを公開

デザイナー落合宏理が手掛けるFACETASMから、2022 SSメンズ/ウィメンズコレクション『a sight with a kiss』のLOOKが公開となった。

LOOKとあわせて、ムービーも公開中。映画監督/脚本家の長谷井宏紀が映像を手掛けている。

2001年、ぼくがまだ20代前半だったころあの時代に体験したあの瞬間の渋谷の街は今でも強烈に憶えています。


ある日、道路にW/Oというステンシルの文字が描かれているのが目についたのを境にW/Oという文字が渋谷の街にどんどんと増えていきました。


溢れていく文字と共鳴するみたいに、ぼくが見つめる街も変わっていくように感じ、そしてそれがこれから上映される映画のタイトルなのだと判った瞬間、いま ここで何かが起ころうとしているのだ、と感じたのです。

長谷井宏紀監督による、ドキュメンタリー デビュー作でした。
初めて観たとき ぼくは自分自身の興奮に戸惑いを感じずにはいられませんでした。


その後も映画館に何度も通い何度も観ましたが、ぼくの心の震えは止まらず、増すばかりでした。


圧倒的に本物だ、と感じたのです。涙が出るほど美しく、優しい。そしてそのうえ汚い。たくさんの感情がありありと捉えられていて、その全てが訴えてきていました。


そこに映し出される住人たちの、無秩序でありながらも純粋な感覚は、上映から20年以上たった今でもまだぼくを刺激し続けています。まだ多くを知らないその目にはいったい何が映っているのだろう。ぼくもその中で生きたいと思った。

そしていまぼくらFACETASMは2022年で15周年を迎えます。自分自身を振り返り対峙したとき、長谷井監督のことが心に浮かびました。

突然のDMでの連絡にもかかわらず、快く引き受けてくださった長谷井監督。あのころ映画を観たときの感覚と同じ、どこまでも優しく情熱的で愛に溢れた人でした。


自由に動くには難しいと感じざるを得ないこの時代に、労力を惜しまず造りあげてくださった撮影クルーの方々、工場関係者の皆さま、またいつも助けてくれるスタッフ、友人たち、家族、FACETASMを愛してくださるすべての方々に感謝申し上げます。

落合宏理 & FACETASM TEAM

Info

FACETASM:https://store.facetasm.jp/

related

Azuma.が北野武監督の『Kids Return』をテーマにした2022 SSコレクションのLOOKを公開

「感情を殺さない服」をコンセプトに、2015 AWよりデビューした新鋭ブランドのAzuma.が、2022 SSコレクションのLOOKを公開した。 当コレクションは、北野武監督の作品『Kids Return』がテーマ。作中での鍵となる「ボクシング」と「任侠」のエッセンスがLOOKやコ...

FACETASMが古着を解体し再構築した1点物のMA-1を限定8着で発売

FACETASMが全て1点モノのREMAKE BUG MA-1を9月17日(金)に発売する。 REMAKE BUG MA-1は、FACETASM定番のBUG MA-1のパターンをベースに、デザイナー落合自身が買い付けた古着を解体、再構築したアイテム。1着につきおよそ6着の古着のパーツを使用し...

OPENING CEREMONYが2022 SSのLOOKを公開

...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。