WHIMSYとVERDYのコラボが登場

2015年より大阪を拠点にスケートカルチャーからなるオリジナルソックスを生み出し、アパレルやグッズも展開するソックスブランドWHIMSYと、VERDYとのコラボレー ションアイテムが発売となる。

快適な履き心地とタフさを兼ね揃えたWHIMSYの定番ソックスに、VERDYのプロジェクトWasted Youthや、オリジナルキャラクターVick等のグラフィックを落とし込んだスペシャルエディションに加え、フーディやTシャツなどのアパレルも展開。

LOOKBOOKのビジュアルはVERDYの盟友Paulo Calleがディレクションを行い、モデルにはDuckwrth、Ciarda Hallを迎え、フォトグラファー のZamar Velezが撮り下ろした作品に仕上がっている。

国内の販売は大阪南堀江にあるWHIMSYの凱旋店COFLO、心斎橋PARCOのオンラインストア、IMA: ZINE、GOODTIMES、海外ではUnion Los Angelesにて発売される予定だ。

Info

取り扱い店舗

心斎橋PARCOオンラインストア:https://kaeru.parco.jp/parco/detail/parcoshinsaibashi/

オンライン発売日:6月26日(土)

COFLO

〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1丁目21-9 OPEN 12:00 - CLOSE 20:00
HP : https://coflostore.com / instagram : whimsysocks

店頭発売日:7月31日(土)

IMAZINE

〒531-0071 大阪府大阪市北区中津3丁目30-4 OPEN 12:00 - CLOSE 21:00
HP : http://imazine.osaka / instagram : imazine_osk

店頭発売日:8月1日(日)

GOODTIMES

〒547-0002 大阪市平野区加美東6-14-34 OPEN 13:00 - CLOSE 20:00
HP : https://goodtimessb.theshop.jp / instagram : goodtimesskateshop

店頭発売日:8月1日(日)

UNION LOS ANGELES

110 South La Brea Ave, Los Angeles, CA 90036 HP : https://store.unionlosangeles.com / instagram : unionlosangeles

LOOKBOOK

Director : Paulo Calle(@paulowallo) Models :
Duckwrth (@duckwrth)
Ciarda Hall(@ciardahall) Photographer : Lamar Velez(@zamarvelez) ※(@instagramアカウント)

related

VISIONとContactのオンラインストアがオープン|balやUNDERCOVER、WACKO MARIA、BlackEyePatch、CreativeDrugStore、VERDYなどとコラボ

渋谷にあるクラブSound Museum VISIONとContactが、オンラインストアをオープンした。

コメダ珈琲店とWHIMSY SOCKSとのPOP UPがBEAMS T HARAJUKUにて開催

愛知県名古屋発祥で全国に850店舗以上を展開するおなじみの喫茶チェーン・珈琲所 コメダ珈琲店と、ソックスを中心に展開しストリート業界でも注目を集めている大阪発祥のスケートブランドWHIMSY SOCKSとのPOP UP SHOPが、6月4日(金) よりBEAMS Tにて開催される。

BlackEyePatchとWasted YouthのPOP UPが心斎橋PARCOでオープン

BlackEyePatchとVERDYによるプロジェクトWasted YouthのPOP UPが本日3/18(木)から心斎橋PARCOで開催中だ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。