AVYSSがクローズドなオンラインコミュニティをローンチ|限定アパレルのルックを公開

音楽ウェブメディア/プラットフォームのAVYSSが、仮想空間の可能性を探求する『AVYSS GAZE』に続くドネーションプロジェクトとして、クローズドなオンラインコミュニティ『AVYSS Community』をローンチし、入会受付を開始。コミュニティ内で購入できる限定アパレルのルックを公開した。

『AVYSS Community』は、新型コロナウィルス感染症拡大の影響により未だ存続危機にあるAVYSSの為の継続的な支援プロジェクト。オープンな公式SNSよりも密にコミュニケーションが取れるグループチャットや、限定グッズの販売、不定期に配信されるラジオ、プレイリスト、DJミックスなどの様々なコンテンツが準備されている。また、現在ライブイベント等の開催が制限されている中での音楽ファンの為の安全なコミュニティスペースとして、新しい発見やヒントを得られるようなクリエイターのコミュニケーションの場としてもいずれ機能させることが計画されている。

『AVYSS Community』のロゴは、PC Music所属のアーティストNamasendaや、ハードコアDJ、プロデューサーのLil Texasなどのアートワークを手掛けるヴィジュアルアーティストIgor Sabaevが制作。そのロゴを使用したティーザーが、AVYSSのYouTubeチャンネルにて公開されている。映像はJACKSON kaki、音楽はCVNがそれぞれ手掛けている。

ファンコミュニティプラットフォーム「Fanicon」内に開設された同コミュニティは月額500円(3カ月と12カ月〜)で本日から入会が可能。さらにオープン記念としてコミュニティ内で近日発売予定の新作フーディーとTシャツのルックも公開。撮影とディレクションはHana Watanabe、モデルはYoyouとyukinoiseが務めている。

デザインのカラーはイエローとパープルの2色。フロントにはヴィジュアルアーティストのDaiki Miyamaがデザインを手掛けた現在のAVYSSのロゴ、バックにはカナダのアーティストJesse Osborne-Lanthierが手掛けたデザインを配置。特に薄手のフーディは、クラブイベントなどに行くための外出着としてはもちろん、ルームウェアとして機能するような着心地の良さも兼ね備えている。

Info

AVYSS Community 入会ページ : https://fanicon.net/fancommunities/3547

related

『AVYSS GAZE vol.3』のスピンオフイベントとして仮想世界でのトークセッションが開催

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の影響により存続の危機にさらされている音楽メディアAVYSSのドネーション企画として開催されている独自のバーチャルプログラム『AVYSS GAZE』。

AVYSSのドネーション企画としてバーチャルプログラム『AVYSS GAZE』がスタート

新型コロナウイルスの感染拡大により音楽業界全体へのダメージは計り知れないが、現在のインディペンデントなアーティストやオリジナリティーのあるアーティストを紹介し続けてきたウェブメディアAVYSSも、存続の危機にさらされている。

AVYSSが1周年を迎え初のパーティーを開催 | M.E.S.H. 、釈迦坊主、TYOSiN、TOXEなどが出演

時代をアップデートする個性のある音楽やシーンの動向を紹介してきたウェブマガジンAVYSSが1周年を迎え、9/28(土)に東京・渋谷WWW / WWWβで初のパーティーを開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。