Saint Vegaが新曲“売れたらどうしよう”をリリース

大阪府出身のラッパー、シンガー、トラックメイカーVega MercelineとトラックメイカーMaybe Juiceからなる2人組ユニット、Saint Vegaが新曲“売れたらどうしよう”をリリースを本日リリースした。

10代よりラップ・トラックメイク・プロデュースを全て手がけ、2020年にリリースされた1stアルバム『能動的Silece』に収録の“Fast Lane & Slow Dive feat. Gokou Kuyt”がストリーミングで200万回以上再生されるなど、着実にファンを増やしてきたSaint Vega。

2021年第2弾シングルとなる“売れたらどうしよう”は、パーソナルな思いを率直に吐露した新境地。「風船みたいに膨らむ」未来への期待をピアノの旋律に合わせてラップした楽曲となっている。2曲目にはSaint Vegaが編曲したバージョン“気にしない”を収録。

歌詞の内容に着想したアートワークは、iCE KiDのアートワークなど各方面で活躍するmisoが手がけている。

Info

アーティスト: Saint Vega

タイトル:「売れたらどうしよう」

リリース日:2020年6月9日

URL: https://linkco.re/5qcpGA8H (各種配信サービスにてリリース)

related

Jay Walkerが1st EP『NIHIL』をリリース | Saint Vegaが参加した"踊り子"のリリックビデオを公開

Yo-Seaや3House、DJ KANJIへのトラック提供で知られる沖縄出身のアーティストのJay Walkerが1st EP『NIHIL』を1/20(水)にリリースした。

Yo-Seaや3Houseなどへの楽曲提供で知られる沖縄のアーティストJay Walkerが1st EPを1月にリリース | Saint Vegaが参加

Yo-Seaや3House、DJ KANJIへのトラック提供やプロデュースワークでも知られているビートメイカーのJay Walkerが来年1月に1st EP『NIHIL』をリリースする。

Saint Vegaが2ndアルバム『Pink Moon & Sweet Room』をリリース | "昼下がりのミルクティー"のミュージックビデオも公開

1月にデビューアルバムをリリースしたばかりのSaint Vegaが、シンガーのuyuniらと立ち上げた新レーベルROMANTIC°から、早くも2ndアルバム『Pink Moon & Sweet Room』を本日11/25(水)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。