イ・ランの新曲“ある名前を持った人の一日を想像してみる”と名曲“イムジン河”のカバーを収録した7インチシングルがリリース

韓国・ソウル生まれのシンガーソングライターであり、文筆家、イラストレーター、映像作家などさまざまな肩書をもつイ・ラン。実直かつ誠実な表現で支持を集める彼女が、待望の新曲を収録した7インチシングルのリリースを発表した。

新曲“ある名前を持った人の一日を想像してみる”は、爪弾くギターに、彼女の持ち味である凛とした歌声とポエトリーリーディングのような語り口、それらを支える大らかなチェロの旋律が次第に交じり合い、一体となるエモーショナルな楽曲。

B面には自身で監督、出演したMVが話題を集めた“イムジン河”カバーの新録バージョンが収録。ザ・フォーク・クルセダーズによる日本語詞バージョンに朝鮮語の原詞をつなげて韓国出身の彼女が歌う、幾重にも折り畳まれた意志を感じられる楽曲となっている。

また、7インチシングルには特典ポストカードが付属となる。

Info

イ・ラン『ある名前を持った人の一日を想像してみる / イムジン河』 (7")
発売日:2021年8月上旬予定
価格:1,700円+税レーベル:JET SET
品番:JS7S310
形態:7"

収録曲:SIDE A
1. ある名前を持った人の一日を想像してみる

SIDE B
1. イムジン河

JET SET Online Shopにて予約受付中https://www.jetsetrecords.net/i/816005920099/

related

butajiとイ・ランが日韓を繋ぐライヴ配信を開催

シンガーソングライターのbutajiと韓国のシンガーソングライターのイ・ランが、3/25(水)に韓国と日本の回線を繋いだライヴ配信『2020年友達のビデオ通信』を行う。

折坂悠太、イ・ランの2人による韓国で撮影されたカヴァーセッション映像が公開|イ・ランもゲスト出演する折坂悠太の弾き語りツアーも今週よりスタート

昨年10月に発表した『平成』が大きな話題を呼んだシンガーソングライター折坂悠太が今回、日本でも人気を集める韓国のシンガーソングライター、イ・ランと共に韓国で撮影したカヴァーセッション映像『調律』を公開した。

折坂悠太が青葉市子、イ・ラン、butajiを招いた弾き語りワンマンツアー『折坂悠太のツーと言えばカー2019』を今秋開催

ワンマンライブも即日完売し、ドラマ主題歌への大抜擢と注目を集めている折坂悠太による、表現の原点と言える弾き語りツアーが今秋開催されることになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。