butajiとイ・ランが日韓を繋ぐライヴ配信を開催

シンガーソングライターのbutajiと韓国のシンガーソングライターのイ・ランが、3/25(水)に韓国と日本の回線を繋いだライヴ配信『2020年友達のビデオ通信』を行う。

配信は20時からとなっていて、投げ銭も受け付けており、銀行口座、paypal、noteの3種類を用意。受け取った金額から関係者に分配する。会場のチケットも神保町試聴室のウェブサイトにて座席限定で販売中だ。

イ・ラン

butajiは「イ・ランとチェロ奏者のイ・ヘジのいる韓国と、神保町試聴室を繋いでライブ配信を行います。この配信が、地理的な距離や、お客さんとライブハウスを繋ぐための一つの事例として共有出来ればと考えています」とコメントした。

配信URLはこちらだ。

Info

https://note.com/butaji
https://paypal.me/butajilanglee

related

butajiが新曲“free me”をストリーミング解禁|三宅唱によるリリックビデオも公開

1月に“acception”をリリース、またドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』主題歌“Presence Ⅰ”の作詞・作曲をSTUTSと共同で行い、高い評価を得ていたbutajiが新曲“free me”をストリーミング解禁した。

FNMNLによるイベント『3S』がbutaji、Le Makeup、SPARTAを迎えWWWで開催決定

FNMNLによる久しぶりの主催イベント『3S』が、5/23(日)に東京・渋谷WWWで開催される。

【特集】FNMNLが2021年に注目するアーティスト7組

昨年起こった新型コロナウイルスによるパンデミックの影響はライブシーンはもちろん、アーティストの活動にも大きく響いたのは間違いない。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。