DIORがSPRING 2022 MEN'S COLLECTIONを発表

Kim Jonesがアーティスティックディレクターを務めるDIORのSPRING 2022 MEN'S COLLECTIONが発表となった。

DIORのコードに立ち返り、メゾンの男性的なアイデンティティを定義づけるボキャブラリーや表現に改めて焦点を当てた。アーカイブを見直すことで、Christian Diorその人のペルソナへと立ち返ることだけでなく、彼の跡を継ぎ、ルックを再解釈してきた後継者たちが紡いできたDIORのレガシーへと立ち返った。

1947年の最初のコレクションに登場したレオパードモチーフは、織物やニットウェアとして登場。フローラルパターンは、Diorが捧げた庭園や自然への愛情を想起させる一方で、 1960年代にMarc Bohanがデザインした「CD」のイニシャルをハートにアレンジしたグラフィカルなマークも登場。アーカイブからさりげなく取り入れられたデザインは、それぞれのアイテムにちりばめられている。

Kim Jonesのシグネチャーであるテイラリングとスポーツウェアのハイブリッドに立ち返り、磨きをかけ、改めて取り組むことで、カジュアルにフォーマルのエッセンスを取り入れている。シアリングボンバージャケ ットは、コントラストカラーとのリバーシブルを楽しめる一方、軽量のアウターウェアは、ディオールを象徴するクロスボディタイプの「サドル」バ ッグに収納可能な形で登場。「Dior Lingot」ラインのバッグはマストハブとして、さまざまなサイズで展開され、メゾンのアーカイブのトラベルバッグを想起させる。

モンテーニュ通り 30番地のアトリエにインスピレーションを得た「Atelier Christian Dior」シグネチャーは、使いやすさとラグジュアリーを組み合わせたアイテムを飾り、フランスの礼服や制服、そしてクラシカルなワークウェアを連想させてくれる。

実用的でスポーティーなテイラリングは、新作のディオール「B30」スニーカーやプレシャスレザーで仕立てられたソフトモカシンとマッチ。用いられた素材は全体を通してラグジュアリーで、触り心地がよく官能的。日本語の「雲」から名づけられた「Kumo」エンブロイダリーは、「ディオール オブリーク」モチーフのマクロバージョンを飾り、カラーパレットは控えめで、ディオール グレーとピンク、アースカラーは、クリスチャン・ディオ ールが愛した故郷の土の色に共鳴。サンドストーンベージュは、メゾン創設の地であり、今なお残るパリ8区の建物を連想させる。

related

Travis ScottとDIORのコラボレーションコレクションが発表

DIORがサマー 2022メンズ コレクションで、Trvais Scottとのコラボレーションを行うと発表した。

Diorとsacaiがカプセルコレクションを発表

Diorとsacaiがコラボレーションし、カプセルコレクションを発表した。

Diorが『Air Jordan 1 OG Dior』のドキュメンタリーを公開|デザイナーのキム・ジョーンズや八村塁が登場

Diorがポップアップ・ポップインで展開される『AIR DIOR』カプセルコレクションの発売に際し、 エクスクルーシブなドキュメンタリー動画を公開した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。