カルチャーを通して現代社会について考えるインディペンデントマガジン『inch magazine』が創刊 | 仙人掌の初の書き下ろし小説も掲載

読書や映画・音楽といったカルチャーを通して現代社会について考えていくインディペンデントマガジン『inch magazine』が創刊した。

生活感覚や個人の目を大切にしながら身軽に時代を記録していくというコンセプトの『inch magazine』。創刊第一号のテーマは「Stories」。東京、ニューヨーク、アトランタに住む人々の感覚が息づいた物語を読むことができる。

掲載されているのはMONJUのMC・仙人掌による初の書き下ろし自伝的短篇『ゴーサムウェー』を始め、アメリカ在住の翻訳家で『フライデー・ブラック』や『ヒップホップジェネレーション』を手がける押野素子のBLM運動に連なるエッセイ。

他にはイラストレーターJAYによるコロナとデモが吹き荒れる2020年のニューヨークのバスで見た出来事を書いたエッセイや、読書家集団Riverside Reading Clubによるブックガイド、アトランタ在住のジャーナリスト・池尻安希によるアメリカ南部のブラックコミュニティとアメリカ大統領選の裏側などの、他の雑誌では読めないパーソナルかつ貴重な知られざるストーリーが盛り沢山。

二刷として増刷しデザインの一部を変更したこの機会にあなたの街の書店で手にとってみてはどうだろうか。

Info

公式インスタアカウント:@inch.mag
サイズ:ペーパーバック(W106mm×H184mm)/本文80P(カラー16P、モノクロ64P)
デザイン:坂脇慶
イラスト:井口弘史

related

Red Bullのサイファー企画『RASEN』の第9弾に鎮座DOPENESS、Moment Joon、仙人掌、SPARTAが登場 | ビートはSTUTS

Red Bullによるジャパニーズ・ヒップホップ専門のYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」で人気サイファー企画「RASEN」の最新回#9が公開となった。

BLAHRMYの9年ぶりとなる2ndアルバム『TWO MEN』が今月リリース | RHYME BOYA、Rahblenda、仙人掌が参加

神奈川は藤沢を拠点とするMILES WORDとSHEEF THE 3RDによるユニットBLAHRMYの9年ぶりとなる2ndアルバム『TWO MEN』が6/15(火)にリリースされる。

BEST BUY 2020 Selected by 仙人掌

今回はMONJUメンバーでありソロでの活動も精力的に行う仙人掌が登場。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。