VansからカナダのプロスケーターBreana Geeringとのコラボコレクション

Vansがカナダの気鋭プロスケートボーダーBreana Geeringとのコラボコレクションを発表した。

Breana Geeringは2018年にバンクーバーで毎年開催されている女子スケートコンテスト『Stop, Drop and Roll』のAdvanced部門で1位を獲得し、モントリオールで開催された『EMPIRE Am Getting Paid』のコンテストで3位を獲得し注目を集めた。落ち着いたスタイル、シリアスなレッジスキル、フリップインやフリップアウトのマニュアルトリックで知られるBreanaとVansは、ジェンダーニュートラルに配慮したウェアラブルなカラーを採用し、ポジティブなアプローチができるコレクションを完成させた。

特別で自分らしいものにしたかったんです。靴の裏やインソールに自分で書いた小さな落書きを加えることで、自分らしさを出しました。スケートやバーに行くときに履きたくなるような、シンプルで素敵なシューズを作りたかったんです(Breana Geering)

ポートカラーのアッパーに、ブラックのアウトソール、シューレース、サイドストライプを組み合わせた『Skate Old Skool by Breana Geering』は、クォーター部分にデボス加工を施したフェイクスネークスキンなど、洗練されたディテールが特徴。グレーのリブニットのタンクトップはフロントにはVansのカスタムロゴ、バックには彼女のシグネチャーであるグラフィックが入っている。丈夫なストレッチチノ素材でブラックのプリントが入っているパンツもセットになる。

『Skate Era』は少しエッジの効いた上品な雰囲気を出している。マシュマロカラーのアッパーに、ブラックのソールとシューレース、そして『Skate Old Skool』と同じくデボス加工されたスネークスキンがサイドに配置されている。

ブラックのバケットハットは、フロントにパッチが付いており、反転させるVANSのロゴが入ったポートカラーのスネークスキンプリントが。黒いポリ製のトートは、プリントされたチェッカーボードの底部や、フロントのバッチなどが特長だ。

Info

Vans Skate Breana Geeringコレクションは、Vans Storeと、ABC-MART GRAND STAGE Online Store、Vans Skate取扱の一部スケートショップにて販売中。

※アパレルコレクションは近日発売予定となります。Vans Japan各種SNSをご確認ください。

related

PALACE SKATEBOARDSとVansのコラボでキノコのグラフィックを用いたSkate SK8-Hiが登場

PALACE SKATEBOARDSとVansの新たなコラボレーションアイテムが、11月6日(土)に発売となる。 ロンドン・ソーホーの地下奥深くにある研究室で開発されたVansとPalaceの2ndコラボレーションは、キノコのグラフィックを特徴とした3色のSkate SK8-Hi。今...

BEAMSがPAPERBOYと手がけた新たな ReebokシューズClub C 85とClub C Legacyをリリース

食とストリートウェアを繋ぐパ リの人気カフェPAPERBOYと、BEAMSのタッグによる新たな取り組みで、今回はReebokとのチームアップにより、Club C 85、Club C Legacyを再解釈したトリプルコラボレーションのスニーカーをリリースする。 3者でデザインする初のカ...

Reebokが人気インテリアデザイン事務所EAMES OFFICEと初コラボしCLUB C 85を発売

Reebokが歴史的なインテリアデザイン事務所EAMES OFFICEとの初コラボレーションとして、CLUB C 85をベースに採用したフットウェアコレクションMonotone Packを、11月5日(金)より発売する。 何世代にもわたって愛されてきたEAMES OFFICEのデザイ...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。