スニーカーの誕生から現在までをたどる書籍『スニーカーの文化史 いかにスニーカーはポップカルチャーのアイコンとなったか』が発売

今や現代を代表するポップカルチャーやファッションのアイコンとなったスニーカーの、ライフスタイルとカルチャーの変革を見つめ、誕生から現在までのクロニクルをたどる書籍『スニーカーの文化史 いかにスニーカーはポップカルチャーのアイコンとなったか』が4月24日に発売される。

かつてない規模に巨大化した今日のスニーカー産業。アスリートやセレブとは巨額のエンドースメント契約が結ばれ、ハイブランドとのコラボモデルのスニーカーが続々と登場している。そしてスニーカー情報を発信するメディアやSNSは多くの読者を獲得し、「スニーカーヘッズ」と呼ばれるスニーカーファンは、お目当てのアイテムを求めてショップに長蛇の列を作る。

誕生から現代までの間に、スニーカーは、スポーツ、ファッション、消費文化、音楽、セレブ、広告、グローバリゼーションの発展に重要な役割を果たしてきた。

本書では、1830年代のゴム底製スニーカーの誕生から現代までの180年に及ぶ壮大なスニーカーの歴史を丁寧に紐解くと同時に、スポーツやストリートのポップカルチャーの中にスニーカーがどのように浸透し、現在のような巨大産業になり得たのかを解説している。

天才的なゴムの発明者チャールズ・グッドイヤーからコンバースの靴を売るために全米を飛び回った「巡回販売員」のチャック・テイラー、確執がもとで分裂しアディダスとプーマを設立したダスラー兄弟、妻が作る焼き菓子のワッフルにヒントを得て「ワッフルソール」を生み出し、スポーツの世界を変えてしまったビル・バウワーマン(ナイキ共同創設者)まで、スニーカーの歴史をつくってきた数々の人物やエピソードやトリビアが紹介され、スニーカー好きにはたまらない一冊となっている。

Info

『スニーカーの文化史 いかにスニーカーはポップカルチャーのアイコンとなったか』

ニコラス・スミス= 著|中山宥= 訳

発売日:2021年04月24日

四六判|384頁|本体 2,000円+税|ISBN 978-4-8459-2017-4

フィルムアート社

http://filmart.co.jp/books/life/kicks/

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。