KEENから大手セレクトのBEAMS、UNITED ARROWS、JORNAL STANDARDとの別注コレクションが登場

アウトドアフットウェアブランドのKEENと、国内大手セレクトストアであるBEAMS、UNITED ARROWS、JORNAL STANDARDの別注コレクションが、4月17日(土)より、3社それぞれの全国のショップ並びにオンラインストアで一斉発売される。

2019年の初の別注が好評だったBEAMSは、前回のデザインイメージを踏襲したメンズのコラボアイテムを展開。JOURNAL STANDARDとUNITED ARROWS green label relaxingでは、メンズ / レディースそれぞれデザインの異なるコラボアイテムが発売となる。

UNEEK SNK(BEAMS別注 / MENS)
COLOR:BMS MULTI
PRICE:¥16,500 (tax included)

BEAMSの今作は、UNEEKを更にスニーカー寄りにし、軽量性にも優れたUNEEK SNKをセレクト。前回同様、履き回しし易いブラックベースに、BEAMSのイメージカラーのオレンジを配置、アッパーのコードにはマルチカラーコードを採用し、デザインを演出している。トグル&アローヘッドもカラフルに、10色も付帯しており、様々なカスタマイズを楽しむことができる。

UNEEK(UNITED ARROWS green label relaxing別注 / MENS)
COLOR:GLR BLACK
PRICE:¥13,200 (tax included)

UNEEK(UNITED ARROWS green label relaxing別注 / LADIES)
COLOR:GLR LEOPARD
PRICE:¥13,200 (tax included)

メンズには、シックなブラックベースに、アッパーのコードをリフレクターを取り入れ、トグル&アローヘッドもグラックのクリアパーツを採用。視認性に飛んだ一束となっている。アウトソールの一部はマーブル仕様になっており、当ブランドらしいギミックの効いたアイテムに。レディースは初コラボでとなり、オリジナルのレオパード柄をアッパーとベッドに大胆に取り込み、グレーとブラックのカラーリングでフェミニンさを残しつつも使い易いデザインになっている。

UNEEK(JORNAL STANDARD別注 / MENS)
COLOR:JS RAVEN
PRICE:¥13,200 (tax included)

UNEEK(JORNAL STANDARD別注 / LADIES)
COLOR:JS BIRCH
PRICE:¥13,200 (tax included)

前回2019 SSにてリリースし、好評だったJORNAL STANDARD別注のUNEEK第2弾。前回同様ブラックベースに、今作は重厚感があり大人っぽい「墨黒」カラーをセレクトした。シュータンは、異素材のスウェードマテリアルを採用したスペシャル仕様になっている。レディースは初コラボであり、合わせ易いオフホワイトベースに、ステッチをブラックにしてコントラストが効いたカラーリングに仕上がった。

Info

BEAMS:https://www.beams.co.jp/

UNITED ARROWS green label relaxing:https://store.united-arrows.co.jp/shop/glr/

JOURNAL STANDARD:https://baycrews.jp/brand/detail/journalstandard

related

BirkenstockとJIL SANDERが初コラボレーション

BirkenstockとJIL SANDERによる初のコラボレーションアイテムが、8月4日に発売となる。

VANS×PATTAのスペシャルコレクション『MEAN EYED CATS』がBEAMSにて発売

VAULT BY VANS × PATTAによる最新コレクション『Mean Eyed Cats』が、7月23日(金)よりBEAMS原宿にて発売となる。

C.P. COMPANYが50周年記念コラボでUSのシューズブランドSebagoとコラボレーション

C.P. COMPANYが50周年のアニバーサリーコラボレーションシリーズの第5弾として、アメリカのシューズブランドSebagoとのコラボレーションを実現した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。