ファッションデザイナーとしても活動するMÖSHIがニューシングル"Painting"をリリース

昨年YouTubeで配信されたFUJI ROCK FESTIVALの『ROOKIE A GO-GO 2020 LIVE』にも出演し注目を集めたMÖSHIが、ニューシングル"Painting"を本日4/7(水)にリリースした。

ファッションデザイナーとしての顔も持つMÖSHIは、、現在ニューヨークの名門美術大学パーソンズ大学院でデザインを学ぶ美大生として在学している。

昨年12月の1st EP『#13G 10009』以来となる新曲は、きらびやかな電子音のレイヤーが施されたトラックに、強い決意、諦め、迷いなど、様々な感情を織り交ぜたというリリックが印象的な1曲。所属するコレクティブLaastcから1e1(イェル)がギタリストとして参加し、楽曲全体のミキシングはLaastcと親交の深いKazuki Muraokaが担当した。

ミュージックビデオの公開に先駆けてティザー動画も公開されている。

Info

2021年4月7日(水)配信リリース

Digital 1st single “Painting”

https://jvcmusic.lnk.to/MOSHI_Painting

※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music

※ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて配信中。

related

【インタビュー】MÖSHI 『Painting』 | 感覚というよりも流れを知った上で作る

NY在住でファッションデザイナーとしても活動するMÖSHIは、ロンドンの芸術大学セント・マーチンズを卒業、現在はユニクロの奨学金を受けながら、NYのパーソンズ大学院でデザインを学んでいる。輝かしいキャリアを持ちつつも、コロナ禍を機に本格的な音楽制作を昨年スタートさせたMÖSHIは、昨年フジロック...

NY在住のラッパー/ファッションデザイナーのMÖSHIがライブ映像を公開

現在NYのパーソンズ美術大学院に在学中でファッションデザイナーも務めるラッパーのMÖSHIが、SpincoasterのYouTube企画『TOKYO SOUNDS』にライブ映像を公開する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。