アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』とTAGS WKGPTYによるコラボTシャツが発売

アート性の高いグラフィックが注目を集めるドメスティックブランドTAGS WKGPTYから、カルト的人気を誇る『攻殻機動隊』の昨年4月にNetflixで配信がスタートした新シリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』とタッグを組んだコラボレーションアイテムが発売される。

デジタルエラーを審美的な目的で使用する「グリッチアート」を用い、不具合現象から生まれる元の素材から、かけ離れた形に 変形する現象をモチーフに切り抜いた文字をコラージュした『NOISE』コレクション。 そんな『NOISE』コレクションから、2045年の新聞をテーマにした「POST NEWS」、ノイズによって破壊された言葉をテーマにした 「NOISE」、 そして公安9課に属する『攻殻機動隊』の主人公草薙素子をテーマにした「Major」の3型が登場。

ITEM: POST NEWS
PRICE: ¥6,050(税込)
COLOR: WHITE, BLACK
SIZE: S, M, L, XL (全4サイズ)

ITEM: NOISE
PRICE: ¥6,050(税込)
COLOR: WHITE, BLACK
SIZE: S, M, L, XL (全4サイズ)

ITEM: Major
PRICE: ¥6,050(税込)
COLOR: WHITE, BLACK
SIZE: S, M, L, XL (全4サイズ)

TAGS WKGPTYのフィルターを通して「攻殻機動隊」の持つメッセージやストーリー性をモノトーンにまとめ、 アナログとデジタルが融合したデザインが魅力を放つアイテムに仕上がっている。

related

攻殻機動隊シリーズ実写版『GHOST IN THE SHELL』のプレハッキングイベントがGR8で開催

攻殻機動隊シリーズの最新作でアメリカで製作された、実写版『GHOST IN THE SHELL』のフルトレーラー解禁が11/13に迫っている。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。