台湾出身のシンガーASA WuがKMの全面プロデュースでデビュー

SoundCloudでしか活動していないにもかかわらずEVISBEATSやLEX、banvoxなどの作品にフィーチャーし注目されていた台湾出身のシンガーASA Wu(アサ・ウー)。日本語、中国語、英語を操り、既にモデルとしても活動しているASA Wuが、本日4/2(金)にデビューシングル"Bloomer"をリリースした。

KMがプロデュースする同曲は、乾いたアコースティックギターの旋律とトラップビートが刻むグランジな質感のR&Bチューン。シンプルなトラックの上で、恋人との離れていく距離感への葛藤や憔悴を、ときに切なく、妖艶に、パワフルにと緩急自在に表現するASA Wuのボーカルが印象的な楽曲に仕上がった。

リリースされるEPに関してもすでにKMの全面プロデュースが決定しており、今後注目を集めそうだ。本作のジャケット、アーティスト写真など、アートディレクションは、OWNCEAN (UNA+MATCHA) が務めている。

常に対極が見え隠れするような、感情の揺れ動きと、不安も期待もどちらも背負ったまま力強く前進するような世界観。Verse2では、ASA Wuさんのリリックに寄り添うようにコードを組み直しました。ルートは常に不安定で、聴いてると心がざわざわするので気に入ってます。ラストのHookでは色んな感情が咲き乱れるような感じで音作りしました。(KM)

Info

ASA Wu Degital Single "Bloomer"

2021.4.2 On Sale

Lyrics:ASA Wu / Prod.:KM
Download & Stream

https://asawu.lnk.to/Bloomer

related

Asa WuがKMプロデュースの第3弾シングル“dozen of die”をリリース

シーンを牽引するビートメイカーKMをプロデューサーに迎え、注目を浴びるシンガーASA Wuが、“Bloomer”に続く第3弾シングル“dozen of die”を7月23日にリリースする。

in-d、JUBEE、METEOR、16FLIP、ASA Wuなどが出演するイベント『TV』が開催

7/17(土)の15時から恵比寿LIQUIDROOMの2F Time Out Cafe & Dinerでイベント『TV』が開催される。

ASA WuがKM全面プロデュースのシングル第二弾“MO-MO”をリリース

日本語、中国語、英語を操り、独自の歌唱スタイルと表現力を持つシンガーASA Wu。デビュー曲“Bloomer”も大きな注目を集めた彼女の第2弾シングル“MO-MO”がリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。