KOJOEが未発表曲やCD限定で発表した楽曲を収録した『iLL Scott』をリリース

昨年はRed Bull がキュレートする人気企画『RASEN」への参加や、Olive Oil、Rudebwoy Faceとの再タッグに加え、大阪に新たに開設されたJ.Studio Osakaでの若手アーティストのサポートやBUPPON、MuKuRo、ZIN等のプロデュースワークスを手掛けるなど精力的に活動を広げているKOJOE。そんな彼がこれまでに残してきた未発表曲やリミックスなどをコンパイルしたアンリリースド・トラック集『iLL Scott』をリリースした。

本作はKOJOEが2015年にCD限定でリリースしてきた『iLL Scott』をベースに、ジャズ、ノイズ、即興音楽、ヒップホップに至るまでジャンルや国境を越えて精力的に活動するパプアニューギニア出身のジャズピアニスト、作曲家、ビートメイカーAaron Chulaiとの共作『ERY DAY FLO』(2017)、Chilly Sourceレーベルのオンラインストアにて数量限定でリリースされ即完売となったillmoreとの限定リミックスアルバム『da Flip』(2019)などに収録されていた楽曲の中からKOJOE自身がセレクトし、新たにコンパイルされた配信限定のアンリリースドトラック集。

Terry Tester、illmore、Aaron Choulai、Radio Maschine、MRK SXがプロデューサーとして参加。すべての収録曲が初のデジタル解禁となっている。

また、“iLL Scott (illmore Remix)”のMVも本日19時にプレミア公開となる。

Info

『iLL Scott』配信リンク:
https://linkco.re/XFqMAzC5

<トラックリスト>
01. J.F.K.
02. Sudden Death
03. Shisso
04. Chilaxxxation (feat. 5lack) [illmore rmx]
05. ERY DAY FLO
06. Born Dead
07. iLL Scott
08. HAKAI
09. $ AND BAD BITCHES (feat. Daichi Yamamoto)
10. She don't love u
11. fiXX (illmore rmx)
12. 回る (feat. RITTO & 田我流) [illmore rmx]
13. 1 inch (Remix)
14. AINORI (illmore rmx)
15. Meds
16. iLL Scott (illmore rmx)
17. Born Dead (illmore rmx)
18. AINORI

「iLL Scott (illmore Remix) 」ミュージックビデオリンク:

https://youtu.be/G8rLdZqtoyc

related

【インタビュー】KOJOE × BUPPON × ZIN 『Scent』 | 日本のラップとソウルを再び合流させるきっかけに

ップと歌を自在に操るプレーヤーであり、近年はプロデューサーとしても活躍するKOJOEが、自身の愛するゴリゴリのラップと、スイートなソウルを掛け合わせたアルバム『Scent』を、ラッパーのBUPPONとシンガーのZIN(Soulflex)とともに作り上げた。

KOJOEがBUPPONとZINとのアルバム『Scent』をリリース

東京、大阪、沖縄に拠点を構え日々音楽に向き合う生活を送るKOJOEが、これまでに幾度も共演を行ってきたBUPPONと、アーティストコレクティヴのSoulfrexに所属し、優しさと美しさを兼ね備えた歌声を持つZINを迎えたアルバム『Scent』を4/6(水)にリリースする。

Kojoeの“首都高 Midnight feat. ISSUGI & MuKuRo”のJansport Jによるリミックスがリリース

Kojoeが2020年に発表したEP『23』収録の“首都高 Midnight feat. ISSUGI & MuKuRo”と表題曲“23”の2曲をLAのプロデューサーJansport Jがリミックス。本日デジタルと7インチでリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。