SPARTAがアルバム『Count Your Blessings』からBIMを迎えた”Nobody”のミュージックビデオを公開

SPARTAが昨年リリースした2ndアルバム『Count Your Blessings』から、BIMをフィーチャリング に迎えた”Nobody”のミュージックビデオを公開した。

"Nobody"はNo Beer Teamによる抑制の効いたソウルフルなトラックで、SPARTAとBIMが昔感じた憧れについて思いを馳せる1曲となっている。ミュージックビデオはBanri Kobayashiが制作し、楽曲のテーマを巧みに表現した内容に仕上がった。

またSPARTAがミュージックビデオ内で着用している自身のレーベルhtb OriginalsとMarfa by Kazuhiko Fujitaのコラボレーションアイテムもウェブストアで発売開始。htb Originalsのロゴや、『Count Your Blessings』のタイトルなど、Marfa by Kazuhiko Fujitaによる全てハンドプリントのフーディーやロングスリーブTシャツ、Tシャツが揃っている。

またSPARTAは現在3rdアルバムを制作中で、近日先行シングルが発表される見込みだ。

Info

SPARTA 2ndアルバム 『Count Your Blessings』

リリース日 2020/09/16

トラックリスト

  1. Will (prod by KM)
  2. Hiroi (prod by KM)
  3. Die (prod by KM)
  4. Fresh (prod by No Beer Team) https://www.youtube.com/watch?v=r33rIAzNiIU
  5. Famous feat. DENAMI TX
  6. Nobody feat. BIM (prod by No Beer Team)
  7. Ganbo
  8. Flow (prod by VaVa)
  9. ALIEN feat. KID FRESINO https://www.youtube.com/watch?v=rXtFnR070Ls
  10. 未来

Mixed by Masahito Komori (Tr. 4~8, Tr. 10)、The Anticipation Illicit Tsuboi @ RDS Toritsudai (Tr. 9) 、KM (Tr. 1~3)
Mastered by Tsubasa Yamazaki (Flugel Mastering)

Cover Photo by Shunsuke Imai
Designed by Atsushi Kodama

配信リンク https://linkco.re/BTMnSH5e

related

SPARTAが来週リリースするニューアルバム『兆し』の詳細を発表 | 鎮座DOPENESSやNEIなども参加

東京を拠点に活動するラッパーのSPARTAが、来週6/23(水)にリリースする3rdアルバム『兆し』の詳細を発表した。

STUTS & 松たか子 with 3exesによる『大豆田とわ子と三人の元夫』の主題歌"Presence"のCDの全貌が明らかに | T-Pablow、Daichi Yamamoto、NENE、BIM、KID FRESINOが参加したリミックスも収録

今晩最終回を迎えた『大豆田とわ子と三人の元夫』。第五話と第十話の主題歌"Presence V (feat. T-Pablow)"が、明日6/16(水)にリリースされる。

ZOO YORKの再始動を記念してISSUGI、SANTAWORLDVIEW、SPARTAによるコラボ曲"POSSIBLE"がリリース | ミュージックビデオもプレミア公開

NYの老舗スケートボードカンパニーZOO YORKが、オリジナルメンバーで再始動。それを記念したスペシャルプロジェクトとして、スケートカルチャーに影響を受けたISSUGI、 SANTAWORLDVIEW、SPARTAの3人のアーティストがZOO YORKのために制作したコラボ曲"POSSIBLE"が本日6/11(金)にリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。