Gラップの伝道師2TIGHT MUSICによるPOP UP『Shibuya Screw Down』が渋谷 TSUTAYAで開催中 | Screwed Up Recordsのレアアイテムを展開

独自のコネクションを使ったアイテム展開や、大物ギャングスタラッパーの招聘など、日本におけるGラップの伝道師としてのポジションを築いているショップ2TIGHT MUSIC。現在、渋谷TSUTAYAでPOP UPイベント『Shibuya Screw Down』を開催している。

今回のPOP UPの目玉はテキサス州・ヒューストンを拠点に活動するScrewed Up Recordsのレアアイテム。Screwed Up Recordsは没後20年が経過してもヒップホップシーンを始め多大な影響を与えているDJ SCREWが、自身のミックステープを売るために始めたショップ。今もヒューストンで営業しており、DJ SCREWの功績を伝えるため、彼の膨大なアーカイブをディールし続けている。

Screwed Up Recordsの日本の正規ディーラーである2TIGHT MUSICだからこその、ミックスCDやポスターなど日本ではまず手に入らないアイテム群がPOP UPでも展開されている。Gラップ好きならずとも、足を運んでおいた方がいいだろうPOP UPとなっている。

Info

2Tight Music presents 

"Shibuya Screw Down"

at Tsutaya Shibuya 7F 

related

【インタビュー】村山修一 (2TIGHT MUSIC) | ギャングスタラップをDIYで広めること

JR横浜線の町田駅の改札を出て、右に行くと商業施設や飲食店がひしめく繁華街、左に向かうとラブホテルや過去には発砲事件などもあった雑居ビルが立ち並ぶエリアとなっている。ラブホテル街の方にある少し怪しげな雑居ビルに2TIGHT MUSICは店舗を構えている。

マイナーGラップの聖地2TIGHT MUSICの13周年を記念したフーディーが発売

メジャーレーベルではなくインディペンデントで活動するギャングスタラップ=マイナーGシーンに、フォーカスし続けているショップ2TIGHT MUSICが13周年を迎え記念のフーディーを発売する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。