BEST BUY 2020 Selected by Kotsu

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。恒例のFNMNLの年末企画も激動の年の瀬にスタート。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っているアイテムを、印象的な活動を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介してもらった。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

広義の「ハウス・ミュージックを体現するコレクティブ『CYK』の一員で、9月末から関西に拠点を移し活動中のKotsuが登場。

BEST BUY 2020 Selected by Kotsu

Purityで購入したバタフライ柄デニム

コメント

今年はフロアでもブーツカットなシルエットが、ウエスタンだったりロックっぽいテンションとストリートな文脈とモードとが交差した上でよく見かけました。シルエットもいい感じだし、8匹の蝶々が重い足を軽やかにしてくれる気がする!笑 Purityってショップもそうしたムードに合ったセレクトでとてもいい感じ!様々な空気感が混ざり合いながらも何か調和したものを感じる最近のフロアのテンションともバッチリ合います。ハウス ~テクノシーンにおいてもベルリンのクィアが集まるパーティー『Rediant Love』やアーティストのRegularfantasy周辺が面白くて彼/彼女らのハピネス&トランシーなムードとも相性いいし、そうしたエナジーを勝手にこのパンツから感じています。

2020年印象的だったこと

京都移住です。東京は大好きですが、こんなご時世だからこそ日本全体で生まれるムードに触れていたいなと思ったのと、自然に少し触れたくなった自分としてはいい決断でした。

Kotsu

日本を拠点に広義の"ハウス・ミュージック"を体現するコレクティブ『CYK』の一員。DJをメインにグラフィックデザイン、ZINE製作などクラブカルチャーを軸に様々な文化を発信&吸収中。9月末から関西に拠点を移し活動。

related

BEST BUY 2020 Selected by ANI(スチャダラパー)

今回は昨年デビュー30周年を迎えたスチャダラパーからANIが登場。

BEST BUY 2020 Selected by ISSUGI

今回はMONJU、SICKTEAMのメンバーであり16FLIP名義でビートメイカーとしても活動、昨年は自身のアルバム『GEMZ』やBESとのジョイントアルバム『Purple Ability』でも大きな話題を呼んだISSUGIが登場。

BEST BUY 2020 Selected by ON AIR

今回はアートコレクティブON AIRからNONCHELEEE、KYNE、緒方 数馬のベストバイ。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。