BEST BUY 2020 Selected by Toya Horiuchi

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。恒例のFNMNLの年末企画も激動の年の瀬にスタート。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、今年活躍を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介して貰った。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今回はNYを拠点に活動し、FIRSTDOWNを始め様々なブランドとのコラボでも注目を集めるアーティストToya Horiuchiが登場。

BEST BUY 2020 Selected by Toya Horiuchi

Vintgaeのペルシャ絨毯2枚(大小)

コメント

あるブランドのグラフィックの仕事で、ディレクターの父親がvintageのラグを集めていて、家に入りきらないラグが沢山あるという話をしていた。ちょうど今年家を引っ越したこともあり、ラグを探していたのだが、良いラグはとても高い。その彼に「グラフィックのお金は要らないから、ラグと交換はどう?」と話したところ「最高のアイディアだ」となり、グラフィックとラグを交換した。ロール状に包まれていて、完全にどういうデザインかは見れないままだったが開けてみると、とにかく美しい素晴らしいデザインで、色合い、デザインの間の開け方、Made in Iran、全てが完璧ですぐその彼に「このラグはこれから一生大事にするよ、ありがとう」と連絡をいれた。

もう一枚の小さいラグは、今年の10月に友人達とPeter Sutherlandとキャンプをする為にコロラドのデンバーに行ったのだが、そこでたまたま見つけたペルシャ絨毯屋で、持って帰れるギリギリの大きさを200枚ぐらいみたなかで決めたモノ。いまはキッチンのスツールの下に敷いてある。

2020年印象的だったこと

コロナ真っただ中の5月のニューヨークで、HOME BOOK -NEW YORK- というパブリッシュプロジェクトを友達と立ち上げたこと。

外出禁止令が出されたニューヨークでは1~2か月間家での生活を余儀なくされた、その時の状況や考え、自分が作ったものや撮ったものを周りの友達に協力してもらい、集め本にし、売り上げをすべてドネーションするというプロジェクトだ。

参加者もそうそうたるメンツ(Peter Sutherland, Tyrrell Winston, Kostas Seremetis,Reginald Sylvester II, Joe Garvey, Alex Dondero from LQQK studio, Kumasi Sadiki from The Good Company など )であったが、自分達がこういう動きをしたいのだと真摯に伝えると、みな快諾してくれた。一番の功労者でもあるTakeshi Matsumiの熱がみんなを動かしたのだと思う。

告知

ダウンジャケットカンパニーのFIRST DOWNとのコラボレーションジャケットのPOP UPが今週の日曜28日まで原宿BEAMS-T行われています。

それに合わせニューヨークで描いたマウンテンペインティングを数枚展示しています。時間があれば是非。

Toya Horiuchi

NY在住アーティスト。2013年よりNYに移住、活動の拠点とする。 数々の日米ブランドやアーティストのグラッフィクやデザインを提供する。

グラフィック、デザイン、シルクスクリーン、プリンター 、スプレー、チャコールなど使うメディアは多岐にわたり、作るモノによって制作の方法は様々。

またストリートカルチャーからコンテンポラリーアート、建築や産業デザインにいたるまでインスピレーションの幅も広い。ブルックリンに自身のスタジオを構え、日々活動を行っている。

related

Championが気鋭クリエイターとのコラボプロジェクトを始動|第1弾にTOYA HORIUCHIが登場

Championが国内外で活躍する気鋭のクリエイターとのコラボレーションプロジェクトをスタート。 本プロジェクトは、チャンピオンのグローバルブランドメッセージ「BE YOUR OWN Champion ルールは自分の中に。」の考えに賛同したクリエイター達と、様々な表現方法でコラボレーションア...

BEST BUY 2020 Selected by ANI(スチャダラパー)

今回は昨年デビュー30周年を迎えたスチャダラパーからANIが登場。

BEST BUY 2020 Selected by ISSUGI

今回はMONJU、SICKTEAMのメンバーであり16FLIP名義でビートメイカーとしても活動、昨年は自身のアルバム『GEMZ』やBESとのジョイントアルバム『Purple Ability』でも大きな話題を呼んだISSUGIが登場。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。