BEST BUY 2020 Selected by リョウコ2000

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。恒例のFNMNLの年末企画も激動の年の瀬にスタート。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、今年活躍を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介して貰った。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今年1月にEP『Parasitic Dominator』をMaltine Recordsからリリース、Mall Boyzの“Mallin'”やValkneeの“偽バレンシアガ”を始め数々のリミックスワークでも話題を呼ぶnoripiとピアノ男によるユニット、リョウコ2000のベストバイをお届け。

Best Buy 2020 Selected by noripi

BEHRINGER UCA202 U-CONTROL

コメント

今まで色んなタイプのオーディオインターフェースを使ってて現場で使えるコンパクトでかつシンプルで長く使用出来るものでずっと探してて、でもなかなか自分にバッチリ合う物がなくてたまたま食品まつりさんのツイートでこのUCA202のことを紹介してて自分が求めてる物これだ!と思って即購入しました笑

かなり安価な値段で買えますし音に関して全く不満もないので素直にお勧めです。

2020年印象的だったこと

1月にリョウコ2000でEPをリリースできたことですかね。完全に未定ですが来年の上半期になんか出せたら良いですね…

告知

リョウコ2000では今のところ予定がないのでイベント、トラック制作等お誘いお待ちしております。noripiのソロでこちらに出演します。

乱舞 #3

1.8 Fri 23:30- at LIVE HAUS

Door : ¥2000

Ȼ𝑯𝑨𝑶𝑺(乱舞)

T5UMUT5UMU

XINOVI (不立文字)

SAKURA TSURUTA

Mari Sakurai

noripi

Best Buy 2020 Selected by ピアノ男

ニベア ディープモイスチャー ナイトプロテクト

コメント

昔から慢性的に唇が荒れていて、あまり気にしていなかったのだが、そろそろいい年なので気にしようと思い購入した。自分の場合思い出した時に塗っているが、潤いが長めに保たれてくれるのでありがたい。

2020年印象的だったこと

生配信でのライブや講演。昔からニコ生や小規模なサイトで雑に底辺配信はしていたが、色々な縁や積み重ねにより、今年は特に面白く反響も大きい配信を行うことができた。今年の配信では特に“恋のマイアヒ”に関連する事を積極的に扱ったので、マイアヒについて異常に詳しくなったのも良かった。

リョウコ2000

related

BEST BUY 2020 Selected by ANI(スチャダラパー)

今回は昨年デビュー30周年を迎えたスチャダラパーからANIが登場。

BEST BUY 2020 Selected by ISSUGI

今回はMONJU、SICKTEAMのメンバーであり16FLIP名義でビートメイカーとしても活動、昨年は自身のアルバム『GEMZ』やBESとのジョイントアルバム『Purple Ability』でも大きな話題を呼んだISSUGIが登場。

BEST BUY 2020 Selected by ON AIR

今回はアートコレクティブON AIRからNONCHELEEE、KYNE、緒方 数馬のベストバイ。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。