BEST BUY 2020 Selected by Leon Fanourakis

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。恒例のFNMNLの年末企画も激動の年の瀬にスタート。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、今年活躍を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介して貰った。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今年はThe UnderachieversのAK THE SAVIORとのコラボEP『FLATBU$H ¥EN』をリリースするなど、昨年以上の活躍を見せたLeon Fanourakisが登場。

BEST BUY 2020 Selected by Leon Fanourakis

今年の頭、ニューヨークで買った Nike の Air Force 1

コメント

ニューヨークに行って思い出の品を買っておきたかったので、購入しました!

2020年印象的だったこと

やはり AK THE SAVIOR とのコラボ EP “FLATBU$H ¥EN” を配信した事が印象的です。

言語の壁を超え、音楽の持っている力と可能性を感じることができました。

ずっと聴いていた憧れのアーティストと作品を作れたことは自信にも繋がりました。

Leon Fanourakis

「第8回高校生ラップ選手権」(2015年)と「ラップスタア誕生! シーズン2」(2018年)で優勝した経験を持つラッパー。 母親はR&Bやロックのシンガー、父親はDJ、ドラム、ギター など楽器全般ができるという音楽家族に生まれる。

14歳の時にはラップをはじめ、ラップキャリア1年目にして 2014年の「横浜レゲエ祭」出演を賭けた「ROAD TO 横浜 レゲエ祭 @ 横浜ベイホール」に唯一のラッパーとして出場した。2018年の春にEP「BEAT TO DEATH」をリリース。同年には音楽レーベル、1% (ワンパーセント)と契約を結んだ。

2019年6月7日には自身のファーストアルバム「CHIMAIRA」(キマイラ)をリリースし、8月に渋谷WWWで開催されたワンマンライブはソールドアウト。

2020年4月3日にはニューヨーク出身の人気ラップデュオ 「The Underachievers」から AK THE SAVIOR (エーケー・ザ・セービアー) と初の日米コラボEP 「FLATBU$H ¥EN」(フラットブッシュ・イェン)を配信した。

日本語ラップを世界に向けて発信したい野望を持つLeon Fanourakis の今後の活動はこれからも注目。 

twitter: @leonfanourakis 

instagram: @leonfanourakis

related

Red Bullのサイファー企画『RASEN』の最新回にDeech、guca owl、Leon Fanourakis、Young Cocoが登場 | ビートはZOT on the WAVE

Red Bullによるジャパニーズ・ヒップホップ専門のYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」で人気サイファー企画『RASEN』の最新回が、本日4/7(水)に公開された。

WILYWNKAのEP『EAZY EAZY』とLeon Fanourakisの2nd アルバム『SHISHIMAI』のアナログが来月リリース

WILYWNKAによる昨年リリースのEP『EAZY EAZY』と、先月リリースされたLeon Fanourakisの2ndアルバム『SHISHIMAI』の2作のアナログバージョンが3月26日(金)にリリースされる。

【インタビュー】Leon Fanourakis 『SHISHIMAI』 | 完璧に向上していく音楽

多くの次世代アーティストを生み出している神奈川のシーンの中でも、抜群のスキルを持つラッパーといえば誰もがLeon Fanourakisの名前を思い浮かべるのは違いない。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。