BEST BUY 2020 Selected by Neetz

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。恒例のFNMNLの年末企画もスタート。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、今年活躍を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介して貰った。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

KANDYTOWNに所属し、今年は自主リリースした作品をリマスタリングした『Soundtrack from 991 (2020 Edition/Remastererd)』をリリースしたNeetzのベストバイは?

Best Buy 2020 Selected by Neetz

Ableton Push 2とManley Laboratories Reference Cardioid

Ableton Push 2

コメント

新しいスタジオができたのでKANDYのアルバムのために。マイクはRockOnで試し歌いしてこれが一番迫力があって購入しました。PushはAbletonを長年使っているのでコントローラーとしてやっと購入しました。

2020年印象的だったこと

KANDYのEP制作、『Soundtrack from 991』再発。

Neetz (KANDYTOWN)

ヒップホップ・クルー、KANDYTOWN所属。KANDYTOWN名義の作品を始め、各メンバーのソロ作品でもトラック制作・エンジニアを担当するなど、クルーの音楽的な部分を担う。他のアーティストのプロデュースやRemixも行っており、過去にあいみょん、BENI、雨のパレードらの作品を手掛ける。2019年2月にビクターより1stアルバム「Figure Chord」をリリース。2020年5月には過去に自主リリースした作品をリマスタリングした「Soundtrack from 991 (2020 Edition/Remastererd)」をリリース。

related

【インタビュー】KEIJU & Neetz|大人になったKANDYTOWN

KANDYTOWNが今年も2/14に新作『LOCAL SERVICE 2』をリリースした。中心メンバーだったYUSHIの命日である2/14には"1TIME 4EVER"など記念となる作品を発表してきた彼ら。

BEST BUY 2020 Selected by ANI(スチャダラパー)

今回は昨年デビュー30周年を迎えたスチャダラパーからANIが登場。

BEST BUY 2020 Selected by ISSUGI

今回はMONJU、SICKTEAMのメンバーであり16FLIP名義でビートメイカーとしても活動、昨年は自身のアルバム『GEMZ』やBESとのジョイントアルバム『Purple Ability』でも大きな話題を呼んだISSUGIが登場。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。