Utena Kobayashiの3ヶ月連続EPの第三弾『Pylon』がクリスマスにリリース

Black Boboiでの活動を始め、多方面で活動しているUtena Kobayashiの3ヶ月連続EPの第三弾『Pylon』が、12/25(金)にリリースされることになった。

第一弾の『Fenghuang』は「飽和から再⽣」、次作『Darkest Era』は「悲しみ」、そして今回12/25(金)にリリースされる『Pylon』は、「門」をテーマに展開される。

発表と同時に一作目に収録されていた"roioi"のgifvideoも公開。12月中には2作目の"Blue Opera"のミュージックビデオも公開予定で、EPそれぞれの物語の世界観をビジュアルとともに紐解いていく。

Info

■Digital release 

コンセプト作品、第一弾 

2020年10月16日(金) 

『Fenghuang』(読み:ファンホアン) 

M1 fai (ファイ) 

M2 roioi (ロイオイ) 

M3 HIHIHI (ヒヒヒ) 

Listen on:https://Caroline.lnk.to/UtenaKobayashi 

コンセプト作品、第二弾 

2020年11月20日(金) 

『Darkest Era』(読み:ダーケストエラ) 

M1 The Garden of Harps (ザガーデンオブハープス) 

M2 Blue Opera (ブルーオペラ) 

M3 Flame Dance (フレームダンス) 

Listen on:https://caroline.lnk.to/DarkestEra 

コンセプト作品、第三弾 

2020年12月25日(金) 

『Pylon』(読み:パイロン) 

M1 Zeiho (ゼイホー)
M2 Pylon (パイロン)
M3 Rose (ローズ)
Pre-save,Pre-Add 事前登録受付中
12/4(金)〜12/24(木)23:59まで https://Caroline.lnk.to/Pylon 

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。