Richardson × WTAPSの初のコラボレーションが発売

Richardson × WTAPSの初となるコラボレーションで、ミリタリーにインスパイアされた美学を再解釈し、ウェアラブルなカジュアルウェアに仕上げたコレクションが、11月14日(土)に発売される。

東京のストリートシーンを引率し続けるWTAPS設立者である西山徹と、リチャードソンのクリエイティブディレクターであるアンドリュー・リチャードソンは、1990年代から親交のある友人であり、今回のコラボレーションのラインナップには、お互いのアイデンティティをフィーチャーしたデザインが落とし込まれている。

特に特徴的なディテールであるファスナー使いはRichardsonが打ち出すフェティシズムからインスパイアされており、WTAPSのフィルターを通して見た『Richardson』の世界観を具現化。

サイドにリップストップのガセットとオリジナルの「Richardson WTAPS」をプリントしたジップ付きテープを配したWTAPSの定番アイテムであるBUDSをモディファイしたウッドランドカモのユーティリティシャツと、オリーブとブラックの2色で展開するTシャツ、フーディは、どれもサイドのジップが開閉可能となっており、気分によって違うシルエットや着こなしを楽しめる。

Info


RICHARDSON TOKYO

東京都渋谷区神宮前 4-27-6

TEL: 03-6455-5885

WTAPS ONLINE STORE:https://www.wtaps.com/

related

RichardsonからFall/Winter 2020 Velour&Workコレクションが登場|LOOKにはMonyHorseとRyugo Ishidaを起用

Richardson Fall/Winter 2020 Velour&Workコレクションが11月21日(土)より Richardson Tokyoにて発売される。LOOKにはラッパーのMonyHorseとRyugo Ishidaがモデルとして起用されている。

RichardsonとForty Percent Against Rights®によるコラボTシャツ

アート、セックス、カルチャーを探求する過激なインディンペンデントマガジンとして知られるRichardsonと、1993年にWTAPSの西山徹が立ち上げたレーベルForty Percent Against Rights®のコラボTシャツが本日9/26(土)に発売となる。

RichardsonとHysteric Glamourのコラボレーションアイテムが発売

インディンペンデントマガジンのRichardsonと、60〜80年代のロックミュージックやアートなどのUSポップカルチャーのスピリットを持つアパレルブランドHysteric Glamourのコラボレーションアイテムが9月12日(土)に発売される。 本コレクションでは某ベビー用品で有名なブラン...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。