SWEET YOYO T'SによるPOP UP第二弾がビームス T 原宿とビームス ストリート 梅田で同時開催 | SERGIO TACCHINIとのコラボアイテムも発売

日本のハードコアシーンの重要レーベルBOWL HEAD incのオーナーTOMEと、ストリートアートをバックボーンに持つブルックリン生まれのブランドWiniche&Co.のデザイナーWINによるジョイントプロジェクト、SWEET YOYO T'SがPOP UP第二弾をビームス T 原宿とビームス ストリート 梅田で11/6(金)から同時開催する。

両レーベルの深い関係性と互いの偏愛を具現化するSWEET YOYO T'Sは、昨年 5 月末に架空のバーベキューレストランをテーマにし たPOP UPをビームス T 原宿で開催し大きな反響を呼んだ。今回のPOP UPではイタリアの老舗スポーツブランドSERGIO TACCHINIをゲストブランドとして迎え、セットアップとスニーカーを特別制作した。

Sneakers『VICTORY』 Color:White Size:40~46 Price:¥13,000(+tax)
Jacket Color:White Size:M, L, XL Price:¥16,000(+tax)

Pants Color:White Size:M, L, XL Price:¥12,000(+tax)

このコラボアイテムは、TOMEとWINと親交の深いアメリカ・ペンシルバ ニアのハードコアバンド、COLD WORLDが 2005年にリリースしたアルバム『ICE GRILLZ』のジャケットがインスピレーションソース。計算されたロゴの配置と、スニーカーに反映された 80年代後半から90年代前半を彷彿とさせるギミックにより、ストリートマナーに忠実な逸品となっている。

CHILL Long Sleeve T-shirt Color:Olive, White Size:M, L, XL, XXL Price:¥6,800(+tax)
PIG Tee
Color:White
Size:M, L, XL, XXL Price:¥5,000(+tax)

FUCK Tee Color:Blue, Yellow Size:M, L, XL, XXL Price:¥5,000(+tax)

さらにSWEET YOYO T'SとBEAMS Tのコラボレーションとして、 セットアップとスニーカーに合わせてTOMEをモチーフにしたキャラクターのTシャツを製作。ハードコアカルチャーにインスパイアされたWINのグラフィックプリント を落とし込んだ T シャツ、ロングスリーブ Tシャツも製作した。

Info

related

玉野競輪がBEAMS MEN SHIBUYAでPOP UPを開催|中津川吾郎(MIN-NANO)のグッズやアーティストコラボアイテムをリリース

岡山県玉野市にある70年以上の歴史を持つ玉野競輪が、3月26日(土)の日本初となるホテル併設型競技場としてのリニューアルオープンを記念し、3月18日(金)よりBEAMSMENSHIBUYAにて、玉野競輪によるPOP UPを開催する。 アーティストやメーカー、ブランドとのコラボレーションライン...

KANGOLの名作GALAXYよりBEAMS別注カラーが登場

KANGOLのハンチングの中でも人気モデルGALAXYが、BEAMS別注カラーで発売となる。 1938年に第二次世界大戦で大英帝国陸軍が被るベレー帽のブランドとしてスタートしたイギリス発のブランドのKANGOL。 BEAMSでは、ブランドのロゴを反転した別注アイテムなどアップデートを...

BEAMSがClarks ORIGINALSのWallabee Bootをスリッポン仕様にアップデート復刻

BEAMSとClarks ORIGINALSのジョイントワークから、Wallabee BootをベースとしたエクスクルーシブモデルWallabee Boot GTXが1月28日(金)にリリースされる。 今回の別注では、Clarks ORIGINALSの名靴Wallabee Bootをピックア...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。