(sic)boyとKMのコラボレーションアルバム『CHAOS TAPE』より先行シングル第2弾"Set me free feat. JUBEE"がリリース

10/28(水)リリース予定の、(sic)boyとKMによるコラボレーションアルバム『CHAOS TAPE』より先行シングル第2弾"Set me free feat.JUBEE"がリリースされた。

本作『CHAOS TAPE』は、バックボーンに左右されずに様々な人種が混ざり合い、柔軟にその様式を取り入れ進化していく東京のような音楽「ジャンル東京」をテーマに掲げて制作されたコラボレーションアルバム。

第1弾先行シングル"Ghost of You"は9月に配信されており、今回はJUBEEを客演に迎え、ハードロック/メタルをクロスオーバーした両者の個性が際立つ楽曲となっている。

本日18時に公開されるMVは、映像監督の石井英之が手がけ、(sic)boyの盟友で東京オリンピック日本代表候補選手のプロスケーター佐川海斗が出演、YouthQuake所属でCarServiceを主宰する橋本奎がスタイリングを担当した。

MVにて(sic)boyやJUBEEが着用しているisanawadaが手がけた配信用ジャケットデザインのバンダナも数量限定で販売開始となった。

Info

(sic)boy、KM - 『CHAOS TAPE』

発売: 2020 年 10 月 28 日(水) 0:00

配信リンク: https://fanlink.to/CHAOS_TAPE

CD予約リンク: https://tower.jp/item/5108234

レーベル:add. some labels

収録曲

1.HELL YEAH

2.Set me free feat.JUBEE  

3.BAKEMON(DEATH RAVE)

4.眠くない街

5.Heaven’s Drive feat.vividboooy

6.Pink Vomit Interlude

7.Pink Vomit feat.LEX

8.Ghost of You  

9.U&(dead)I

10.走馬灯

11.Kill this feat.Only U

12.Akuma Emoji

13. Akuma Emoji (KM Back to 2002 Remix) ※CD限定

(sic)boy、KM - Set me free feat.JUBEE

related

Rikuto AF、Lil’ Leise But Gold、KM、Ben Bealによるシングル“A-Team’s Fables Remix”がリリース

日米を繋ぐ新ヒップホップレーベルFrank Renaissanceより昨年リリースされた、NY在住のラッパー・YouTuberのRikuto AF、keyboardとrapユニットのOsteoleuco、ビートボクサーのEttoman、SSWのLil’ Leise But Gold、プロデューサーのKMによる楽曲”A-Team’s Fables”のリミックスバージョン“A-Team’s Fables Remix”がリリースされた。

KMのリリースライブにDaichi Yamamoto、JJJ、Campanella、田我流、C.O.S.A.、Lil' Leise But Gold、SPARTAが出演

プロデューサーKMのアルバム『EVERYTHING INSIDE」のリリースライブが10月22日(金)にWWW Xにて開催。本日、ライブに参加するゲストが発表となった。

(sic)boyがlil aaronを迎えた新曲“Creepy Nightmare feat. lil aaron”をリリースしミュージックビデオを公開

(sic)boyが年内リリース予定の2ndアルバムより、エモラップのパイオニアの一人であるlil aaronを迎えたシングル“Creepy Nightmare feat.lil aaron”を先行リリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。