ColumbiaとBEAMSのコラボコレクション | 国立公園を守るレンジャーのユニホームを表現

ColumbiaとBEAMSによるコラボコレクション『Columbia National Park』が10/24(土)に発売となる。

今回のコラボでは、Columbiaが本社を構えるアメリカ合衆国オレゴン州ポートランドには、マウントフッド国有林という国立公園が存在。国立公園を守るレンジャーのユニホー ムを表現している。

象徴的なカモフラージュ柄は、ハンティングを連想させるColumbiaオリジナルのリアルツリーカモ柄を採用。3WAYで着用可能なインターチェンジシステムを搭載した『バガブーインターチェンジジャケット』をはじめとし、ショルダーバッグ、バケットハット、フリースマフラー、フリースソックスの5型を展開する。

Bugaboo Interchange Jacket Color:Black, Brown Size:XS, S, M, L, XL Price:¥32,500(+tax)
Bucket Hat Color:Black, Brown Size:S/M, L/XL Price:¥4,800(+tax) ※S/M はレディース用
左 : Bag
Color:Camouflage
Size:One Size
Price: ¥3,600(+tax)
右 : Fleece Socks
Color:Camouflage
Size:S/M, L/XL
Price:¥3,300(+tax)
※S/M はレディース用
Fleece Muffler Color : Camouflage Size : One Size Price : ¥4,900 (+Tax)

ジャケットはネックの高さを調整し大きなポケットワークを施すことでよりタウンユ ースでの着用がしやすいディテールにアップデート。フリースのインナーは取り外しが可能で、タグにColumbiaのクラシックロゴを採用。今回のコレクション用に特別にデザインしたワッペンも付属し、お好みの位置に取り付けられるのもポイント。また、使いやすいサイズ感のショルダーバッグやリバーシブルとなるバケットハットなど充実のラインナップとなっている。

related

玉野競輪がBEAMS MEN SHIBUYAでPOP UPを開催|中津川吾郎(MIN-NANO)のグッズやアーティストコラボアイテムをリリース

岡山県玉野市にある70年以上の歴史を持つ玉野競輪が、3月26日(土)の日本初となるホテル併設型競技場としてのリニューアルオープンを記念し、3月18日(金)よりBEAMSMENSHIBUYAにて、玉野競輪によるPOP UPを開催する。 アーティストやメーカー、ブランドとのコラボレーションライン...

KANGOLの名作GALAXYよりBEAMS別注カラーが登場

KANGOLのハンチングの中でも人気モデルGALAXYが、BEAMS別注カラーで発売となる。 1938年に第二次世界大戦で大英帝国陸軍が被るベレー帽のブランドとしてスタートしたイギリス発のブランドのKANGOL。 BEAMSでは、ブランドのロゴを反転した別注アイテムなどアップデートを...

BEAMSがClarks ORIGINALSのWallabee Bootをスリッポン仕様にアップデート復刻

BEAMSとClarks ORIGINALSのジョイントワークから、Wallabee BootをベースとしたエクスクルーシブモデルWallabee Boot GTXが1月28日(金)にリリースされる。 今回の別注では、Clarks ORIGINALSの名靴Wallabee Bootをピックア...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。