ColumbiaとBEAMSのコラボコレクション | 国立公園を守るレンジャーのユニホームを表現

ColumbiaとBEAMSによるコラボコレクション『Columbia National Park』が10/24(土)に発売となる。

今回のコラボでは、Columbiaが本社を構えるアメリカ合衆国オレゴン州ポートランドには、マウントフッド国有林という国立公園が存在。国立公園を守るレンジャーのユニホー ムを表現している。

象徴的なカモフラージュ柄は、ハンティングを連想させるColumbiaオリジナルのリアルツリーカモ柄を採用。3WAYで着用可能なインターチェンジシステムを搭載した『バガブーインターチェンジジャケット』をはじめとし、ショルダーバッグ、バケットハット、フリースマフラー、フリースソックスの5型を展開する。

Bugaboo Interchange Jacket Color:Black, Brown Size:XS, S, M, L, XL Price:¥32,500(+tax)
Bucket Hat Color:Black, Brown Size:S/M, L/XL Price:¥4,800(+tax) ※S/M はレディース用
左 : Bag
Color:Camouflage
Size:One Size
Price: ¥3,600(+tax)
右 : Fleece Socks
Color:Camouflage
Size:S/M, L/XL
Price:¥3,300(+tax)
※S/M はレディース用
Fleece Muffler Color : Camouflage Size : One Size Price : ¥4,900 (+Tax)

ジャケットはネックの高さを調整し大きなポケットワークを施すことでよりタウンユ ースでの着用がしやすいディテールにアップデート。フリースのインナーは取り外しが可能で、タグにColumbiaのクラシックロゴを採用。今回のコレクション用に特別にデザインしたワッペンも付属し、お好みの位置に取り付けられるのもポイント。また、使いやすいサイズ感のショルダーバッグやリバーシブルとなるバケットハットなど充実のラインナップとなっている。

related

90年代に作られたClarks ORIGINALSの隠れた名作を アップデートした『Desert Rock GTX』の第二弾が発売

1990年代に作られたClarks ORIGINALSの隠れた名作『Desert Rock』。前回、GORE-TEX®仕様にアップデートされ好評を博した別注ブーツの第二弾がBEAMSから発売される。

SWEET YOYO T'SによるPOP UP第二弾がビームス T 原宿とビームス ストリート 梅田で同時開催 | SERGIO TACCHINIとのコラボアイテムも発売

日本のハードコアシーンの重要レーベルBOWL HEAD incのオーナーTOMEと、ストリートアートをバックボーンに持つブルックリン生まれのブランドWiniche&Co.のデザイナーWINによるジョイントプロジェクト、SWEET YOYO T'SがPOP UP第二弾をビームス T 原宿とビームス ストリート 梅田で11/6(金)から同時開催する。

BEAMSやFilmarksなどがドライブインシアターを活用した映画業界支援プロジェクト「B-THEATER」を始動

BEAMS、株式会社コスモ・コミュニケーションズ、国内最大級の映画、ドラマ、アニメのレビューサービスFilmarksを運営する株式会社つみき、株式会社トランジットジェネラルオフィスの4社が、新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴い苦境に立つ映画産業の支援プロジェクト「B-THEATER」を始動した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。