日本在住のDANとアメリカのDexter Fizzによるコラボプロジェクトが始動

ヒップホップを中心としたリリースを行うALL GREEN LABELから、2MCラップクルーLafLifeのDANと、アメリカのワシントンD.C.に拠点を置くDexter Fizzによるコラボプロジェクトが始動し、1st EP『ZERO EP』を本日10/16(金)にリリースした。

本プロジェクトは、Dexter Fizzが2017年に来日した際にDANと出逢ったことを機に、日本語詩と英語詩が共存する作詞・作曲をコンセプトとして発足。本作にはDANと共にLafLifeとして活動するOOg(ダブルオージー)、Shroom Gang(シュルーム・ギャング)としても活躍すアメリカ人ラッパーのSavvy Williams(サヴィ・ウィリアムス)も参加している。

EPから"Give Me That ft.OOg"のミュージックビデオが公開。映像作家のyutakoga(ユウタコガ)が制作している。

Info

タイトル:ZERO EP(ゼロ・イーピー)

発売日:2020年10月16日(金)

規格番号:AGL0012

収録曲:1. Fever (prod. Alto)

              2. Yomiji ft. Savvy Williams (prod. Sonus)

              3. Give Me That ft. OOg (prod. Sonus)

              4. 1st Smoke ft. Savvy Williams (prod. Prozac)

              5. Dreaming ft. OOg(Curbside Jones)

特設ウェブサイト:https://agl.tokyo/ZERO-EP

各種配信メディア:https://linkco.re/13vhs9c9

related

WWW Xのオープニングシリーズに第2弾が発表、いま、ここにしかないラインナップが集結

WWWの2号店のオープニングシリーズの第二弾が発表、次世代を担うバンドや初来日の注目アーティストなど音楽の多様性を実感できるジャンルレスで個性豊かな”いま、ここにしかない”ラインナップが揃った

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。