浦上想起が自身初のミニアルバムから"とぼけた顔"のミュージックビデオを公開

昨年から音楽活動をスタートさせ、無名の存在でありながら、音楽ファンを中心に注目を集めている多重録音/打ち込み音楽家・浦上想起が、自身初の作品集となるミニアルバム『音楽と密談』を10/23(金)にリリースする。

同作から"とぼけた顔"の先行リリースとMVも解禁となった。

今回のミュージックビデオ公開にあたり、ミニアルバムの収録内容も発表された。収録される全9曲の中には、昨年1月おもむろに公開された彼の処女作"芸術と治療"や、本人にとっても想定外だったという、ドラマ『名建築で昼食を』(主演:池田エライザ・田口トモロヲ)エンディングテーマに起用された"未熟な夜想"といったタイトルが名を連ねている。

何食わぬ顔・とぼけた表情をしながら、その実、胸三寸に確固たる闘志の炎を燃やし続けている人って、何だかカッコ良いなという歌です。あなたがそうであると素敵だなという歌です。(浦上想起)

Info

■浦上想起 ファースト・ミニ・アルバム

音楽と密談(Music and Private Conversation)

2020年10月23日配信スタート

https://ultravybe.lnk.to/usm

1.       密談の前に -introduction(Before the Conversation -introduction)

2.       芸術と治療(Art and Treatment)

3.       とぼけた顔(You Play the Fool)

4.       金星の呼気(Exhaled Breath of Venus)

5.       未熟な夜想(Naive Nocturne)

6.       驚きと喧騒(Surprise and Noise)

7.       蜜を象る風(Wind Smells like Nectar)

8.       新映画天国(Nuovo Cinema Paradiso)

9.       密談の後に -outroduction(After the Conversation -outroduction)

浦上想起「とぼけた顔」(ミニ・アルバム「音楽と密談」より)10月16日配信スタート

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。