BLACKPINKとのコラボ曲“Bet You Wanna”をリリースしたCardi Bが「クリーンなリリックを書くのは難しかった」と語る

先日リリースされたBLACKPINKのニューアルバム『THE ALBUM』。世界トップのガールズグループのアルバムとあって大きな注目を集めており、中でもCardi Bとのコラボ曲“Bet You Wanna”はヒップホップファンの間でも話題となっている。そんな中、Cardi Bが同曲に提供する自身のヴァースについて語った。

Geniusによると、Cardi Bは自身のTwitterにて「汚い言葉や年齢制限がかかる言葉を使わないヴァースは私にとって難しかった」とツイート。世界中の老若男女が耳にするBLACKPINKの楽曲に参加するにあたり歌詞には大きな制約がかかっていたようで、直接的なリリックを特徴とするCardi Bの制作は普段通りにいかなかったのだろう。

続けて「私は本当は“I bet if you get me WET I’ll still be on fire”って歌いたかったんだよ」と、本来は性的なイメージを含む歌詞を書こうとしていたことを明かした。ちなみに、実際にリリースされた楽曲の中で先述の箇所は「I bet you if you make me sweat, I’ll still be on fire」という歌詞になっている。

またCardi Bは現在は削除されたツイートの中で「あの女の子たちのことは本当に愛しているけど、小さな子供たちの相手はしたくないんだよね。やるべきことに対してお金は貰っているし、これ以上はやらないよ」「私に対して失礼な子供たちを許すつもりはない。みんなは曲が出る前からヘイトを投げつけてくるし、アーティストとファンとの関係を変なものにしてる。お金はもらってるし、自分から誰かの曲に参加させて欲しいって頼むことは無い。私が頼まれたんだよ」と、BLACKPINKのファンの一部から自身が参加することについて批判的な意見を受け取ったことに対する不満を滲ませてもいる。

しかし現在はツイートが削除されている上に、Cardi B自身も“Bet You Wanna”のプロモーションを行なっているため、決して楽曲やコラボ自体を気に入っていないわけではないようだ。

カテゴリーは違えど共に大きな支持を誇る女性アーティストのコラボには困難もあったようだが、結果的に“Bet You Wanna”は素晴らしい楽曲に仕上がっている。BLACKPINKの今後の動きにも注目だ。

related

ReebokとCardi Bの新コレクション『Reebok Club C Cardi』が本日発売

ReebokとCardi Bの新コレクション『Reebok Club C Cardi』が10月12日(月)よりReebokオンラインショップにて発売される。

Cardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”をディズニーの映像と合わせたパロディ動画が登場

当代きってのフィメールラッパー二人によるコラボ曲として大ヒットを記録しながらも、あまりに性的なリリックによって物議を醸したCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”。今回、そんな同曲とディズニーの名作アニメ映画を組み合わせたファンメイドの動画が公開された。

Cardi BがOffsetとの離婚後求婚のDMが殺到していると明かす

先日、Offsetとの離婚を正式に申請したことが報じられたCardi B。そんな彼女が独身となることを受け、様々な人々から求婚やデートに誘うDMが殺到していることを明かした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。