【インタビュー】Only U『Infinity’s (Deluxe)』|楽しいだけじゃ人生つまらない

今年に入り様々な客演を呼んでシングルを10連続でリリースしていくシングルシリーズをスタートしたラッパーのOnly U。シリーズでは、アートワークのコミックを自ら手掛けストーリーを繋いでいくというプロジェクトを行っていた。シリーズ終了直後、2ndアルバムとなる『Infinity’s (Deluxe)』をドロップし精力的な活動を続けている。

楽曲制作だけでなく自作の漫画を用いたアートワークやアニメーションによるMVなども手掛けている次世代の注目すべきアーティストに、アルバムについてや音楽活動のルーツ、盟友LEXについてなどを訊いた。

取材・構成:島田舞

写真:Ryohei Obama

 - 自己紹介をお願いします。

Only U - 名前はOnly U(オンリー・ユー)です。横浜生まれ横浜育ちの2001年生まれです。よろしくお願いします。

 - 音楽を始めたきっかけは?

Only U - 叔父がラッパーで横浜・南区出身のメンバーで構成されたSOUTH CREWっていうグループに所属してて、その影響で小さい頃からクラブに行ってました。当時はヒップホップっていう認識はなく、単にライブを観に行ってただけで感化はされなかったんですけど…自分が中学2年生の時にYouTubeでEminemの”Without Me”が出てきて、「これ叔父さんに見せて貰ったことある!」ってその時目覚めました。

 - アメコミみたいな、コミカルなMVのやつですね。

Only U - そうです。元々自分は小さい時から目立ちたがり屋で、『ワンピース』とか『ドラゴンボール』とかの作者みたいに有名になりたいと思ってて、絵を描くのが好きなので漫画家になりたかった。でもそのMVを見た時に、Eminemめっちゃ目立ってるし、超くらって。「これがヒップホップか!」と。

それ以来ヒップホップに目覚めて、友達と公園とかでサイファーするようになって。それを知った叔父が、80s〜90sのヒップホップのCDがたくさん入ったケースをくれて、「お前が売れたら返して。」って言われたんです。それからはずっと90sのヒップホップ聴いてました。中学3年生くらいから現行のヒップホップもディグり始めて、最近のサウンドも好きになりましたね。

 - 80s〜現行のヒップホップまで色々聴いてるとの事ですが、一番影響を受けたアーティストは?

Only U - 今はあまり聴かなくなったけど、やっぱりEminemには影響受けましたね。全盛期のライブとか楽曲とか音だけで聴いててもダントツで目立ってますね。

 - サイファーを始めたのは何歳ですか?

Only U - 14歳です。地元の公園とか、学校の昼休みとかにやってました。音楽を深く好きになったのが14歳、楽曲制作を始めたのが17歳くらいです。

 - サイファーをしていた友達は今でも音楽で繋がってますか?

Only U - 今もつるんでます。LEXと俺のバックDJをやってるFOOLISH MANとか、ライブフォト撮ってる奴とか、XY GENEとか。今回のアルバムに参加してくれてるYung sticky womとは、横浜のサイファーで出会いましたね。Yung sticky wom以外は皆中学が一緒の奴が多いです。

 - 先ほど話にも出ましたが、絵を描き始めたきっかけは?

Only U - 物心がついた頃から絵を描いてました。既存のキャラクターの模写がすごく好きで、『ドラゴンボール』とか『ナルト』のキャラを描いてました。後はカートゥーン系の『アドベンチャー・タイム』とか、『スティーブン・ユニバース』、『スコット・ピルグリム』とかも好きです。今回のアートワークはカートゥーンを意識して作りました。中学生の時は『AKIRA』にハマってて、世界観とか絵が好きでした。

 - 絵の制作過程はどの様な感じでしょうか?

Only U - 絵ってキリが良いところを区切るのが難しくて、描くときは一気に夜中から朝までやる事が多いです。ものによっては3日間かかるものもあったけど。途中で面倒くさいなって思う事もあったんで…そういう時は時間もめちゃくちゃかかるし、辛かったですね。絵も描きつつ、楽曲も作らないといけないから両立が大変でした。

 - 現在ご自身で全て行われているので、タスクがかなり多そうですね。

Only U - 多いです(笑)絵も曲もライブも予定が詰まってて、スランプというか現実逃避しちゃった時期もありました。

 - 現実逃避中はどうしてましたか?

Only U - タスク全てに手をつけないで、ただだらだらしてたり、気分転換に銭湯行ってたり。俺もLEXもYung sticky womも銭湯とサウナ好きで。サウナでのトリップ最高です。

 - タスクが多いとの事でしたが、絵と音楽の比重はどのくらいなんですか?

Only U - やるってなったらどっちかに集中します。両立ができない性格なんです。絵も音楽もどちらも大事なアーティストとしての活動なので、今回のシングルシリーズは両方合わせた企画をできたらと思って始めました。

 - ジャケットがストーリー仕立てになっている10作連続のシングルシリーズを思いついた経緯としては?

Only U - 元々LEXの"STREET FIGHTER 888"のMVを作った時から絵をもっと使いたいなと思ってたんですけど…友達と集まってる時にいきなりこのプロジェクトが頭に降りてきました。ストーリーも思いついたのを忘れない様にメモして、このストーリーにはこいつはいって欲しいなとか、全部一人で決めました。

- 最初にOnly Uさんからのこのプロジェクトのメールを見た時、若いアーティストが一人でこんなユニークな企画をやるんだってかなり衝撃でした。

Only U - こういう事するの世界で俺だけなんじゃないかなって(笑)こんなに聴いて、見て楽しめる音楽ってあんまりないと思います。

 - 連続リリースを経ての反響や心境の変化などあれば教えてください。

Only U - 途中で「まだ何話もあるのか…」って思ったり、現実逃避やコロナもあって堕落してた時期もあったりしたけど、最初と比べて絵がだんだん上手くなっていってるし周りの刺激を受けて成長できたと思います。アーティストとしてというより、人間として。あとファンが自分の画風で絵を描いてくれたり、その絵のiPhoneケースを作ってたりとかして嬉しかったです。

 - 今回の一連の流れでOnly Uさんの絵が認知がされたと思うのですが、絵の依頼などは来ますか?

Only U - 割と近い人から依頼される事が多いですが、自分が音楽に専念したい時は断ってます。絵も好きだけど第一は音楽なのでタイミングですね…。

 - 音楽と絵以外で他に挑戦してみたいことはありますか?

Only U - 自分の絵を使ったグッズを作りたいです。アーティストはアパレル最初作る方が多いと思うんですけど、僕はポスターとか、キーホルダーを作ってみたいです。とりあえず自分用に作りたい。

 - 10連続でシングルをリリース後、『Infinity’s (Deluxe)』をドロップされてます。22曲のフルアルバムと、ボリュームがすごいですね。

Only U - そうですね、これは結構挑戦でした。シングルシリーズの10曲も入ってるんですけど、”MidnightGirl”は2ヴァース目があったり、”SHOOTING☆STAR (Remix) [feat. Sleet Mage, Duke of Harajuku]”だったらフィーチャリングが増えてたりとか、飽きさせない仕掛けもあります。全曲マスタリングもして貰って、音質もすごく上がってるし。完成してから通しで自分で聴いてみたら、これは飽きないアルバムだなと思いました。

 - シングルシリーズをアルバム内でアレンジしているのは、予め2段階で変える前提で作ってたのでしょうか?”MidnightGirl”が特に好きだったのですが、シングルだと少し短いなという印象があって。それもアルバムで足す前提だったんですね。

Only U - そうです。

 - ニクい演出ですね…!今回のアルバムでは軽快な四つ打ちだったり、ハードなラップだったり、ポップなテイストだったり、色んなOnly Uさんの顔がみえます。

Only U -  このアルバムでは喜怒哀楽を全て出せたと思います。作ってる最中に悲しいことやムカつくこともあったけど、楽しいだけじゃ人生つまらないなって。辛いことがあるから、もっと楽しく感じられると思いますね。なので全ての感情が入ってます。

 - アルバムにLEXさんが3曲参加されてますが、最初出会った経緯を教えてください。

Only U - 自分が高校一年生の頃各地のサイファーに行ってて、ある時駅前のサイファーに行った時にすげえ面白そうな奴がいたんですよ。高身長で、髪の色が黒と金のハーフで、首にヘアバンド巻いてて、なんだこいつってなって(笑)最初会った時から彼からはカリスマ性を感じましたね。その後SNSを交換して年下だと判明して(笑)驚きました。彼からは色々影響受けたし、今も刺激貰ってます。

 - Only Uさんはメロディアスなフローが印象的ですが、ラップの際に意識していることなどありますか?

Only U - トラックが決まったら宇宙語(適当にペラペラ喋るの意)で喋ってメロディーを探して、そのメロディーを軸にしてリリックをパズルみたいにはめてます。結構感覚ですね。

 - リリースを経ての今後の動きを教えてください。

Only U - コロナが無くなったら、これから出る作品のツアーやりたいです。リリースライブもめっちゃしたい。場所はWWW(渋谷のライブハウス)がいいです!(笑)

 - WWWは国内のラッパーのリリースライブの登竜門的な立ち位置になってますよね。

Only U - そうすね、有名になった証拠というか…目標です。何回かライブしたことあるんですけど、あそこの会場の雰囲気も好きですね。渋谷の街頭のビジョンにも乗ってみたい。あとMVもたくさん撮りたいですね。

Info

Only U - 『Infinity’s (Deluxe)』

  1. MidnightGirl
  2. Keep Goin’ 
  3. NEVER STOP (2020)
  4. JUMP! (feat. Yung sticky wom, Salvador mani)
  5. SHOOTING☆STAR (Remix) [feat. Sleet Mage, Duke of Harajuku]
  6. Valentina (feat. LEX, Yung sticky wom)
  7. LOWRIDER
  8. Unforgettable (Remake)(feat. XY GENE)
  9. SUPER SAIYAN3 (feat. HEZRON)
  10. Running Dog
  11. NEON SIGN (feat. LEX)
  12. Law of Attraction 
  13. CASH IN (feat. HEZRON)
  14. In ecstasy
  15. Only One (feat. who28)
  16. Hoe (feat. sheidA)
  17. BABY MILO
  18. IMPOSSIBLE LOVE
  19. Are We Just Friends?
  20. Hills(feat. LEX)
  21. POP
  22. EarlyMoringGirl

配信リンク:https://linkco.re/1Nzac9uM

Instagram:https://www.instagram.com/i_am_onlyu/

Twitter:https://twitter.com/i_am_onlyu

related

Only Uが連続シングルシリーズから満を辞して2ndアルバム『Infinity’s (Deluxe)』をリリース|LEXやYung sticky wom、XY GENE、HEZRONなどが参加

新鋭ラッパーOnly Uが2ndアルバム『Infinity’s (Deluxe)』を本日リリースした。

Only Uが連続シングルシリーズの最後を飾る"POP"をリリース

Only Uが自身の手がけるコミックをジャケットにしたシングルシリーズの最終回(全10曲)となる"POP"を、自身の誕生日である本日9/1(火)にリリースした。

Only Uが連続シングルシリーズの第9弾となる"IMPOSSIBLE LOVE"をリリース

Only Uが自身の手がけるコミックをジャケットにしたシングルシリーズの第9弾となる"IMPOSSIBLE LOVE"を8/15(土)にリリースした。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。