RichardsonとHysteric Glamourのコラボレーションアイテムが発売

インディンペンデントマガジンのRichardsonと、60〜80年代のロックミュージックやアートなどのUSポップカルチャーのスピリットを持つアパレルブランドHysteric Glamourのコラボレーションアイテムが9月12日(土)に発売される。

本コレクションでは某ベビー用品で有名なブランドのロゴのオマージュしたアイテムや、「ROCKER」の文字がアイコニックなHysteric Glamourならではのアイテムが展開されている。

NOBU (北村 信彦さん)との出会いは、1991年に初めて東京を訪れたときでした。

80年代後半からロンドンの若者達の間で、過激なグラフィックが物議を醸し出したTシャツが流行っていて、街中でよく見かけていました。彼がそのT-シャツを作ったことをその時に知りました。彼のブランド、ヒステリックグラマーをきっかけに、私は東京のストリートカルチャーに触れていきました。

当初のヒステリックグラマーは、企業のロゴをひっくり返し、性的規範、資本主義、いわゆる当時の西洋のモダニティを覆した手法を使った表現をしていて、それがとても新鮮でした。

1998年に私がリチャードソン マガジンを始めたとき、ヒステリックグラマーは一番に広告を入れてくれました。その後も定期的にコラボレーションを続けています。

「The 2020 Richardson X HYSTERIC GLAMOUR」では、ヒステリックグラマーのアーカイブ 「Junkie’s Buddy Powder」と「Rocker」のグラフィックを2型復刻しました。Tシャツ、ロングスリーブ、フーディが登場します。イコノクラスムと道徳上の罪というテーマは、リチャードソンとヒステリックグラマー、両ブランドの共通のビジョンです。

今回のコラボレーションは我々の長い友情関係へのオマージュであり、再起への希望を込めて作られました。

RICHARDSON   Andrew Richardson

80年代後半から90年代中期までは、僕にとってとても重要な時期でした。

ブランドを通じて知り合ったロンドン、ニューヨーク、L.Aの気の合った友人達とファッションだけに留まらず写真、アート、音楽カルチャーを絡めた新たな行動を模索し独自の存在を確立した時期でした。

Andrew Richardsonともその時期に出会いました。私たちは直ぐに意気投合し情報を交換しお互い新しい仲間達の輪が広がりました。そして私たちのその関係は2020年の今でも継続してます。

ですので、今回のこのコラボレーションは僕にとっても特別で凄く嬉しい出来事なのです。

Andrew ありがとう。。それとこれからもよろしく!

HYSTERIC GLAMOUR   北村信彦

Info

The 2020 RICHARDSON X HYSTERIC GLAMOUR

発売日:2020年9月12日 (土)
RICHARDSON TOKYO  東京都渋谷区神宮前4-27-6

TEL:03-6455-5885

HYSTERIC GLAMOUR ONLINE  STORE : https://store.hystericglamour.jp/

related

RichardsonからFall/Winter 2020 Velour&Workコレクションが登場|LOOKにはMonyHorseとRyugo Ishidaを起用

Richardson Fall/Winter 2020 Velour&Workコレクションが11月21日(土)より Richardson Tokyoにて発売される。LOOKにはラッパーのMonyHorseとRyugo Ishidaがモデルとして起用されている。

Richardson × WTAPSの初のコラボレーションが発売

Richardson × WTAPSの初となるコラボレーションで、ミリタリーにインスパイアされた美学を再解釈しウェアラブルなカジュアルウェアに仕上げたコレクションが、11月14日(土)に発売される。

HYSTERIC GLAMOUR®とtokyovitaminのコラボレーションアイテムが登場

今年36周年を迎えた北村信彦が手がけるブランドHYSTERIC GLAMOUR®と、国内外のアーティストが参加したアルバム『VITAMIN BLUE』をリリースしたtokyovitaminによるコラボレーションアイテムが発売される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。