D/HILLが国内のゆかりのあるスケーターやアーティストなどを集結させた2020 AWのLOOKを公開|下北沢のハードコアスケートボードショップVIOLENT GRINDとのコラボも

ダウンヒルスケートボードのIDF(International Downhill Federation)で、 世界ランカーのタイラー・オーがLAで設立したプロジェクトブランド・D/HILLの2020 AWのLOOKが公開となった。

ダウンヒルスケートボードとは、時には120キロを超える猛スピードで坂道を下っていく、最もクレイジーなスケートボーディング。 世界中のスケーター達からリスペクトを浴びる、最も危険なスケート競技である。

当ブランドは、アメリカ、オーストラリア、チェコ、ヨーロッパ等、大会を通じて旅した世界各国で、 出会ったアーティストやデザイナー、ミュージシャン達とダウンヒル・スケートボードを世界中に広める為にスタートし、 これまでに世界中の限られたショップやオンラインストアにてアパレルラインがゲリラリリースされてきた。 洋服のデザインは、元COMME des GARÇONSのデザイナーが手掛けている。

今シーズンは、国内で気鋭のカメラマンYUTO YOKOYAMAを起用して撮影。 日本国内でD/HILLにゆかりの深いスケーター、ミュージシャン、タトゥーアーティストなど、 様々なクリエイターを集結させて撮ったコレクションとなっている。 ミリタリーアイテムなども展開され、ブランドアイコンである道路のセンターラインをイメージした背中の二本線もアイテムたちに散りばめられている。

さらに、80年代に下北沢でハードコアとスケートボードカルチャーをクロスオーバーさせ、 今もコアなスケーターたちから支持されるショップVIOLENT GRINDとのコラボレーションTシャツもリリース。

Info

D/HILL:https://dhillofficial.com/

お問い合わせ

TEENY RANCH:03-6812-9341

related

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。