soeからEDWINと制作したカラーデニムが発売

soeから2020〜2021AWの新シーズンスタートを飾るコラボレーション第2段として、日本を代表するデニムメーカーEDWINと制作した5色展開のカラーデニムが、全国のsoe取扱い店舗、及びsoe onlineにて8/29(土)より発売される。

中太のストレートカットを短めのアンクル丈で制作したオリジナルフィットのカラーデニムは、ブリーチで脱色したのちに、オーバーダイ(製品染め)を施すことで、 通常のフェードとは違う濃淡の強い鮮やかなカラーリングに仕上がっている。

当コレクションでのキーワードとなる「ブライトカラー」「フラワー」をテーマに、それぞれの背景や理念が反映された多彩なコラボレーションとなった。

soe x EDWIN / 1213-60-201 / COLOR:WHITE , NAVY , TURQUOISE , PURPLE , NEON GREEN

Info

soe online

https://soe-online.jp/

related

フォトグラファーの森健人とsoeの共作アイテムがPOP-UPで発売

渋谷PARCO 7FのコンセプトストアM.I.U. N°2 にて、1月24日(金)よりSOE READY TO WEAR 2020S/S POP-UP CORNERが開催される。 イベントではsoe最新作20ssシーズンのメンズ、ウィメンズのコレクションラインの発売に加え、イベント開催...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。